心静かな正月を迎えたい~変わらぬ価値を見据え不動の心で行動

12月10日、私が30歳台のころ三井銀行(現・三井住友銀行)で大変お世話になった元上司、斎藤純夫氏(元三井住友銀オートリース㈱社長)が、現役を引退され、プライベートで長崎の私のオフィスに来てくださいました。一瞬にして、様々な苦楽の思い出を飛び越えて25年前に戻り、話に花が咲きました。お互い年を取ると、目先のことも大事ですが、それらを乗り越え、将来の日本・次世代の若い人のことに関心が移ります。別れ際に、斎藤氏は、「日本の将来はどうなるのか」とおっしゃっていました。世の中がどうなろうとも普遍の価値(哲学・生き方・教育・社会や消費者のニーズ等)を見据えて、不動の心で行動していれば、政策でも商売でも怖いものはありません。大事なことは一喜一憂しないことです。私が幼い子供のころ、父は、「お金で買えないものを得ることが人生にとって大事だ」と繰り返して言っていたのを良く思い出します。教育・信用・名誉・愛情等を指していたのだと思いますが、ユダヤ人や中国人がアメリカやカナダに子弟を留学させ、医師・弁護士・公認会計士等の資格を取得させようとするのも、国を追われた経験から、人間に教育投資するのが一番だと考えているからでしょう。身に付けたものは、財産のように奪われることがないからです。今年の最後に、日本の衆院選やアメリカの財政の崖の議論が残されていますが、人間の知恵で乗り切るでしょう。来年は心静かな正月を迎えたい。故松下幸之助氏に茅ヶ崎でお会いした際、大きな決断をする時には、日本庭園や茶室で心静かに時を過ごすというお話をされていました。「来年(未来)は今年(現在)よりきっと良くなる」と信じて行動すれば、必ずいい結果が得られると思います。(画像は、長崎市片淵の「心田庵(しんでんあん)」。住宅唐人・何高材(がこうざい)の長男で1658年に唐小通事となった、何兆晋(がちょうしん)が建設したと言われる別荘。長崎の茶道の中心地でもあったとされる。)

カテゴリー: 人生, 経営, 長崎 | コメントは受け付けていません。

財政再建は必ずできる~国民の意思に支えられ、手法を間違わなければ

12月11日の西日本新聞の社説に「泥沼からどう抜け出すか・財政再建」が掲載されており、意を強くしました。同社説では、「民主、自民両党は基礎的財政収支を2020年度までに黒字化する、と主張している。公明党を含む消費税増税の3党合意はそれに向けた第一歩でもあるはずだ。ただ、これでも財政再建はなお遠い。20年度に同収支を黒字化するには、14年4月に8%、15年10月に10%へ段階的に増税する消費税をさらに6%引き上げ、社会保障費も切り詰める必要がある。しかし、その道筋は示されていない。」と現状を分析しています。私は、人口減少・高齢化が先行する離島である長崎県対馬市「行財政改革推進委員会」委員長や、競艇場経営悪化・高福祉を続けて財政が悪化していた同県大村市の「財政を良くする懇話会」委員長として、市長・市役所をご支援する形で、財政再建を達成してきました。国と地方公共団体とでは、抱えた課題の大きさは異なりますが、財政再建の原理原則(歳出を減らして、歳入を増やす)は同じだと思います。財政再建に成功できるかどうかは、国民(住民)の強い意思とそれを受けたトップ(首長)の決断力と、財政再建の手法を間違わないことだと考えています。どんなトップにとっても、財政再建という、住民に人気のない(人気を落とす)課題に取り組むのは、嫌なものだと思いますが、取り組まなければ、中期的に経済が悪化したり、過去の例を見ても最悪の場合には財政破綻を起こすことがあり得ます。歳出削減と歳入拡大を同時に達成して成長戦略を実行し、1998年に財政再建に成功して黒字転換したスウエーデンの例が参考になると思います。今は、「課題に取り組む勇気」が必要な時だと思います。(画像は2012年1月15日新宿シテイハーフマラソン・区民健康マラソンで外苑東通りの自宅前を通過する選手たち~日本は走り続ける)

カテゴリー: 世界日本経済, 経営, 長崎 | コメントは受け付けていません。

講演シリーズ「社会保障と税の一体改革」長崎県内開催分を終了

12月8日雨のアルカス佐世保で、講演シリーズ「社会保障と税の一体改革」長崎県内分を終了しました。一般の方々向けの内容で、約1時間40分の講演後、社会保障(年金・医療・介護福祉・子育て)の将来がどうなるか、国の歳出削減をどのように進めるべきか、長崎県の経済を浮揚させるにはどうしたらなど、生活に密着した質問が出され、出席者の関心の高さを感じました。私はシンクタンカーとして中立的な説明をしましたが、たまたまスケジュールが衆院選の1週間前となったため(3か月以上前から講演スケジュールは決まっていました)、国の政策の良い学習にもなったのではないかと思います。長崎から佐世保に向かう途中、諫早で大村湾にかかる虹が綺麗に見えました(画像)。画像のように、日本の低迷する経済(雨)と将来の不透明さ(霧)を晴らしてほしいものです。

カテゴリー: 世界日本経済, 医療福祉, 長崎 | コメントは受け付けていません。

NBCラジオ「おはようコラム」~次のシリーズで「2013年の課題と長崎県経済」を取り上げます

12月5日から、私が毎週水曜日午前8時25分に出演させていただいているNBCラジオ「おはようコラム」の次のシリーズとして、「2013年の課題と長崎県経済」を4回で取り上げます。第1回(12月5日):2013年経済の課題(経済の見通し、社会保障改革)、第2回(12月12日):同(原発・エネルギー問題、地方分権改革)、第3回(12月19日):2013年長崎県経済の課題(経済の見通し)、第4回(12月26日):2013年長崎県経済を良くするための方策、の予定です。2013年は消費税率引き上げの影響で、一部耐久消費財・住宅投資が上向き、景気は底堅く推移すると思いますが、このままではデフレからの脱却は依然難しく、国民が社会保障制度改革・エネルギー政策問題等の重要課題をどうすべきか、考えなければならない年になると思います。また、長崎県経済は日本経済・中国経済の影響を強く受けるので、来年がどういう年になるか関心のある方は、参考になさってください。

カテゴリー: 世界日本経済, 長崎 | コメントは受け付けていません。

東京再発見の旅(その4)~私が愛してやまない新宿御苑

11月24日、長崎県の方々と、ビル群に囲まれた浜離宮恩賜庭園に行きましたが、東京には、小石川後楽園・六義園など一般に公開されている有数の公園・庭園が多くあり、人間だけでなく、野鳥等の動物にとっても「憩いの場」となっています。浜離宮恩賜庭園には、水鳥が沢山羽を休めていました(画像)。私が最も好きで良く散歩するのは、自宅から徒歩10分くらいのところにある新宿御苑です。新宿御苑は、徳川家康の家臣・内藤氏の屋敷の一部で、明治時代に農事試験場であった時期もありましたが、明治39(1906)年に皇室の庭園となりました。日本庭園・茶室・江戸菊花壇だけでなく、フランス式整形庭園、イギリス風景式庭園のデザインが壮大で素晴らしい庭園です。私が病気療養中に都会の喧騒から逃れ、自然と対話するために良く行った公園で、まだ行かれたことのない方は、是非行かれたらいいと思います。

カテゴリー: 人生, 環境 | コメントは受け付けていません。

西日本新聞「紙面評価」に掲載されました~「高齢化先進地としての紙面を」

11月30日の西日本新聞の「モニターの紙面評価」欄に私の意見「高齢化先進地としての紙面を」が掲載されました(画像)。中立的な立場から、「社会保障と税の一体化改革」を各地で講演させて頂く中で、日本や地方に避けて通れない「高齢化」に伴う社会保障関係費、特に医療費の拡大(2011年度:39兆円→2025年度:62兆円の予測)にどう対応するかが問題提起されることが多いのです。財政均衡化を図りながら(政府目標は2020年度までにプライマリーバランス(基礎的財政収支)を黒字化)、高齢化で増嵩する社会保障関係費(年金・医療費・介護福祉費等)をどう抑えるか、消費税増税だけでは賄えない深刻な課題があることに国民が気づき、解決策(社会保障給付水準の切り下げ、自己負担の増加等)に真正面に取り組むことが必要であることを認識しなければならないと思います。一方で、拡大する高齢者市場は、殆どの業界に多大の影響を与え、日本の内需拡大の大きなチャンスでもあり、「ピンチはチャンス」と考える企業経営者が増えて欲しいものです。

カテゴリー: 世界日本経済, 医療福祉, 経営 | コメントは受け付けていません。

東京再発見の旅(その3)~紅葉の浜離宮恩賜庭園から水上バスでスカイツリーの見える浅草へ

10月24日夕方、新橋・汐留の高層ビル街を潜り抜け、東京湾が臨める浜離宮恩賜庭園に行くと、紅葉が美しく、潮入りの池にアヒルが群れ遊んでいました。ここは、寛永年間までは、将軍家の鷹狩場で、一面の芦原でしたが、四代将軍家綱の弟で甲府宰相だった松平綱重が屋敷を建てました。歴代将軍によって造園・改修工事が行われ、十一代将軍家斉の時に、ほぼ現在の姿になったと言われています。東京の穴場公園なので、まだ行かれたことのない方は是非行かれることをお勧めします。ここから、スカイツリーがきれいに見える浅草・吾妻橋まで大型水上バス(東京都観光汽船㈱が運航)で約45分で海上を行くことができ、東京が江戸時代から水上都市でもあったことが良くわかります。浅草では人気のハンバーグレストラン「モンブラン」で食事をして、楽しみました(食事中に地震が3回揺れたので、関東大震災が近いのかなと思いました(笑)。(画像は、浜離宮恩賜公園から汐留の高層ビル街を臨む。このビル群も殆どが幾つかのREITに組み込まれている。)

カテゴリー: 人生, 観光 | コメントは受け付けていません。

東京再発見の旅(その2)~東京国立博物館へ行きました

11月23日、東京・上野の国立博物館に十年ぶりに行きました。子供のころから美術館・博物館が好きで、小学生の時に、京都国立博物館で開催されたツタンカーメン展を従兄弟に連れられて見に行ったのを覚えています。アメリカでもシカゴ、ワシントンDC、ニューヨーク、サン・デイエゴの大小さまざまな館や、パリのルーブル美術館、ロンドンの大英博物館、スウエーデンの国立美術館など、時間の許す限り多くの館をじっくり見て回りました。佐世保市新美術館構想策定委員会の委員長を務めさせていただくなど(これはまだ実現していませんが)、長崎県に「良い博物館・美術館」を作りたいと願っていました。今回は、本館だけでなく、平成館の考古学展示をガイド付きツアーに参加しました。博物館は地味な存在ですが、日本人の歴史文化を化体する書画・仏像など、本物を見ることができ、「何故こんな絵を描いたのだろう」と過去に思いを馳せたり、「知的な遊び」をすることができます。小中学校で教わった日本史とは異なった説明も聞くことができ、考古学・歴史学(美術・博物史)も研究が進んで、仮説がどんどん証明されていっているのが良くわかります。土偶なども様々な用途があったことがわかってきています。また、たまたま上野の山文化ゾーンフェステイバル講演会シリーズで、「尚意競艶ー宋時代の書」と題した講演会にも参加しました。これは、中国を代表する書家、王羲之から蘇軾に至る書の歴史を時代背景を解説してくれる内容でした。時間が許せば、じっくり見たいものです。(画像は、表慶館)

カテゴリー: 人生 | コメントは受け付けていません。

県民所得向上の方策~厳しい財政状況の中で何を実行するかにかかっている

11月26日、長崎県のある県会議員からの要請で、「県民所得向上のための政策」をテーマに約1時間お話しさせていただきました。私が拙著「こうすれば地域再生できる」に書いた政策を実行すれば、経済効果は確実に上がります。県会議員の問題意識は、今後地方財政が厳しさを増す中で、財政を極力悪化させないで大きな経済効果を得る方策を聞きたいとのことで、時機を得た県政の最重要課題です。総花的な施策は効果が薄く、歴代アメリカ大統領の政策のように投入・効果比率の高い政策を重点的に実行することが必要で、プロジェクト型政策をとることが必要です。あるべき基本方針として、①雇用の拡大、②労働生産性の向上、③個人消費の拡大が決め手であることを説明した後、求められる政策として、①製造業の産業構成比の拡大、②第三次産業を中心とする生産性の向上、③長崎県の特徴を活かした産業振興(医療・福祉分野、環境分野、観光分野、食品・水産加工分野、アジアとの交流拡大)を具体的政策としてお話しさせていただきました。(画像は美しい長崎港・出島ワーフから三菱重工方面を望む。造船は基幹製造業。)

カテゴリー: 街作り, 長崎 | コメントは受け付けていません。

東京再発見の旅(その1)~住んでいると却ってわからない東京の魅力

11月23日、東京で話題になっているor普段なかなか行く機会のないスポットを訪ねました。東京は江戸時代から政治・行政・経済の中心であったので、様々な遺産が見られます。東京に住んでいる時は、仕事優位でゆっくり見て回ることが無かったのですが、長崎の方々と一緒に回ると、東京の魅力が再発見できます。今年の秋から改築され昔の姿が再現された東京駅がオープンになり、丸の内中央口・丸の内北口・丸の内南口それぞれの丸屋根の内部のデザインの違いを楽しむことができました。また、東京ステーションホテルも全面改装され、20歳台の時にワインを飲みに来ていたバーも変わっていました。丸の内中央口は皇居に向かって真っすぐな位置に設計され、昔は外国の大使などは馬で皇居に向かったそうです。丸の内側は、日本人・外国人を問わず、観光客があふれており、スカイツリーと並んで観光名所になっていました。私も「おのぼりさん」になって写真を撮りました。丸の内側を臨めば、新しいビルが次々と建設され、景色が完全に変わっていました(REITに組み込まれたビルも多く見えます。)。

カテゴリー: 街作り, 観光 | コメントは受け付けていません。

1 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 133