長崎は執筆活動に最適~初めて長崎県立図書館に行きました

8月19日、私は初めて長崎県立図書館に行きました。10年近く前から長崎に住んでいるのに、今日まで行ったことがなかったのです。ロンドンオリンピックが終わってから8月の第3週・第4週は、執筆の集中期間としていて、仕事以外は長崎の書斎に籠ってパソコンに向かっています。本が出版されるのは来年3月頃かと思います。気分転換に長崎県立図書館に行き、人もまばらな館内で静かに本を読んでいると、少年の日を思い出し、様々な着想が浮かんできます。貴重な第一級の蔵書や資料が多く、1年間毎日通い続けても読みつくせないほどです。丁度、昨日から県立図書館創立100周年記念企画「植木家資料展」が開催されていたので、誰もいない展示室で一人資料を読んでいました。植木元太郎(1857~1943年)は、島原鉄道や銀行等の発展に尽力し、県議会議員、衆議院議員、初代島原市長を務めた人物です。島原鉄道(雲仙~島原湊)・口之津鉄道(島原~堂崎)・温泉軽便鉄道(愛野~千々石)・小浜鉄道(千々石~小浜)・雲仙鋼索鉄道(小浜~雲仙、電気軌道とケーブルカー)、島原株式銀行、雲仙観光ホテルの創設に係わり、まるで東急電鉄の五島慶太氏(1882~1959年)のようだと思いました。これほどの郷土の偉人を、今の小中学生・高校生はどれくらい知っているのでしょうか。(画像は植木家資料展の一部)

カテゴリー: 経営, 長崎 | コメントは受け付けていません。

イヌはもともとネコだったのか~長崎県美術館「岩合光昭写真展ねこ」オープニングセレモニー

8月14日朝、長崎県美術館で「岩合光昭写真展なこ」が開催され、KTN(テレビ長崎)番組審議委員長として、オープニングセレモニーに出席させていただきました。私は以前このブログにも書いたように、新地町の通称「猫通り」に住んでおり、今日も6匹の猫を見てきましたが、動物写真家である岩合光昭氏の40年以上の写真家人生で撮ってきた猫達を集めた展覧会となっています。米田耕司館長のあいさつにもあったのですが、犬は「猫目、犬科」で、犬はもともと猫だったと思わせるような生物分類となっていますが、どうも犬と猫は異なるようです。五島列島で撮影した、猫と犬が仲良く並んでいたり、じゃれ合っている写真が数枚展示されているので、同じ起源だったのかと思いましたが、本来は「犬猿の仲=犬猫の仲」ではないかと思います。(笑)子供たちに正しい知識を教えるためにも、ネコ学会の方を含め、生物分類に詳しい方がおられたら教えてください。(画像は、オープニングセレモニーでのテープカット)

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

九州新幹線長崎ルート起工式が開催されました~長崎の未来を開くために

8月18日、長崎市内で、九州新幹線西九州(長崎)ルート諫早ー長崎間(21㌔)の起工式が開催されました。私は、10年前から新幹線や道路などの交通インフラは、地域を大きく変える国家プロジェクトだから、できるだけ地元の合意を取って進めるべきだと申し上げてきました。やっと諫早ー長崎間が着工されますが、正念場はこれからで、新幹線が素通りする街にしないで、経済効果を大きくする政策・事業を官民協働・住民協働で進めるべきだと思います。NBC(長崎放送)ラジオの「おはようコラム」(水曜担当、午前8時25分から)で、8月22日から5回シリーズで「新幹線が変える街作り」について、お話しさせていただきます。第一回「九州新幹線鹿児島ルートの全線開業1年のインパクト~鹿児島と熊本」、第2回「新幹線で変わる長崎の交流の街作り」、第3回「素通りの街にしない諫早の街作りの努力」、第4回「伸び行く県央の拠点都市を目指す大村の街作り」、第5回「新幹線は魔法の杖ではない~西九州地域の全国アピールが地域を変える」の予定です。また、今週のKTN(テレビ長崎)の夕方のニュース・コメントでも、新幹線の経済効果と街作りの進め方について、お話しさせていただく予定です。

カテゴリー: 街作り, 長崎 | コメントは受け付けていません。

大村経営者研究会で講演させていただきます~発展する大村の実現に向けて

8月24日夕方、大村経営者研究会のご依頼により、サンスパおおむらで「長崎県・大村市の今後の発展の可能性」と題して講演させていただきます。私はこれまで、2003年「大村ボート再生戦略会議」委員、2005年「大村市の財政を良くする懇話会」委員長、2010年「競艇場施設建替基本計画策定委員会」委員を始めとして、新幹線、病院改革、環大村湾エコツーリズム協議会など大村市に係わる多くの案件に関与させていただいてきました。大村湾・野岳湖・農村風景が美しく、頑張る地元企業・企業誘致など発展性の大好きな街です。大村市には色々な提案をさせていただき、実現できたこともありますが、まだできていないのが、研究学園都市構想(長崎空港の活用と新幹線で博多まで1時間圏となることを見越して研究者等の国際的定住都市を目指すもの)、フィッシャーマンズワーフ(大村湾の夕日を見ながら新鮮な魚介類をその場で調理する交流の場の設置~サンフランシスコの波止場に似た風景を活用)です。大村は九州教具・サダマツ・狩野ジャパン・シュシュ・琴花園(敬称略)など話題性に富んだ優良企業を生み出す風土があり、講演させていただくのを楽しみにしています。

カテゴリー: 街作り, 長崎 | コメントは受け付けていません。

スポーツコンベンションの経済効果~NBCラジオで解説しています

7月24日、8月15日の二回、NBCラジオの「おはようコラム」で、スポーツコンベンションの経済効果を解説しています。ロンドンオリンピック開催前の第一回目(7月24日)は、長崎がんばらんば国体の経済効果(2014年10月開催が決定している)、開催後の第二回目(8月15日)は、スポーツ観光県・スポーツコンベンションシテイとしての発展を、です。ロンドンオリンピックの経済効果は、開幕から2015年までに約6,380億円(クレジットカード世界最大手ビザ推計)です。2014年がんばらんば国体の経済効果は、ながさき地域政策研究所の推計では505億円と大きいですが、既存施設を活用・再整備して、スポーツ観光県、複数のスポーツ・コンベンションシテイを作ることによって、経済効果が持続すると考えます。オリンピックでも証明されたように、体操、陸上、サッカーなど多くの種目で長崎県出身者が活躍したので、スポーツが持つ、明るく、躍動的で、フェアなイメージは、都市イメージのアップにも役立ちます。長崎市・長崎県が推進して私も参画している長崎駅前のコンベンションシテイに加えて、県北・県央・離島にスポーツ・コンベンションシテイが生まれることが私の願いです。

カテゴリー: 街作り, 長崎 | コメントは受け付けていません。

ロンドンオリンピックが閉幕~試合・競技で成功する人は「楽しめる」人

8月13日早朝、ロンドンオリンピックが閉幕しました。私は以前このブログにも「世界を航る内村航平~リショウホウを求めて」で書いてきたように、体操の内村航平氏(長崎県諫早市出身)に注目してきました。小さいころからの両親との体操経験や努力もあるのでしょうが、「体操競技を楽しむ」ことのできる選手だと思います。楽しいからこそ、失敗しても工夫してまた挑戦する。私の子供のころからの経験を振り返っても、構想ができて楽しんですらすら書いた作文は必ず入賞していました。(笑)今朝の日本経済新聞9面「経営の視点」欄に「五輪に学ぶ7つのヒント」と題したコラムが掲載されています。内村選手のことを、「異能の人材」として、「体操を楽しむ内村航平選手は、マイペースで金メダルをもぎ取った。」と書いています。一定の基礎ができた後は、自分との戦いである求道者であると同時に、「その世界を楽しんで新たな挑戦をする」ことに喜びを感じるから成長し、成功するのではないかと思います。同じことは企業経営にも言えると思います。一定の基礎ができたら、経営者と従業員が一緒になって、商品・サービスを常に改善し、販路を拡大していく、ブランド力を高めていく、この基本ができて成長する企業を私は多く見てきましたし、また支援もしてきました。「根性物語」は日本の成長を支えてきたのですが、グローバルな世界で勝ち抜くためには、それだけでは済まないことをロンドンオリンピックは再認識させてくれました。

カテゴリー: 経営, 長崎 | コメントは受け付けていません。

成長企業内で将来の経営者・経営陣を育成する講座を始めます

今年9月から、九州のある成長企業からの依頼により、将来の経営者・経営陣を育成する講座を始めます。私自身、実際に企業の管理・経営に携わるだけでなく、著名人を含む様々な経営者と交流させていただき、45歳のころから東京でIT企業・サービス業・業界団体の経営アドバイスを行い、成長を支援してきました。企業の場合、人(経営者・従業員)の成長なくしては、成長はあり得ません。特に既存企業の経営者になろうとする人や、起業家は、多くの人の知恵と力と経験を糧にして、企業を発展させる社会的使命があります。そのためには、素材としての人材を、成功する人、人と財を引き寄せる人に作り変えなければなりません。これには天性の部分もありますが、気づきと心がけ、努力で優れた経営者にすることができます。もちろん、現経営者にとって、跡継ぎや次世代の経営陣を育成することは、経営を全うすることと同等に重要な仕事なので、内部での人材育成が第一です。私は「人は人によって育てられる」ことを若い時から見てきました。しかし、外部の人間から「経営の基本」について学ぶことも重要です。私の経験を振り返ると、27歳の時、会社に東京大学経済学部の土屋守章教授(経営学)が月1回こられて、少人数で議論しながらハーバード流経営戦略の学習をしたことが、その後の経営実務や戦略企画をする土台の形成に役立ったと思います。特に、これから伸びようとする成長企業は、経営陣や従業員を大企業に比べて短時間で経営レベルに育成しなければなりません。私は長崎県内の地域人材の育成プログラムを県庁と一緒に作って成果を上げてきましたが、人生の終盤に向けて、成長企業を始めとする企業・業界団体等の「人を育成すること」が私に与えられた重要な使命であることを自覚し、情熱を注いでいきたいと思います。

カテゴリー: 経営 | コメントは受け付けていません。

何でもない一日に感謝したくなる、見過ごしていた一瞬が愛おしくなる。~くまもとで、まってる。

「人が人を呼ぶ」8月6日にブログで紹介させていただいた、熊本県のたった16分の観光PRショートフィルム「くまもとで、まってる。」は、この観光の基本を教えてくれています。このフィルムに登場する様々な人々の表情が、素朴ながらも何と安らかで美しいことかと思います。大自然も名所旧跡も温泉も大事ですが、最も大切なものは、そこで生活を営む人であることを忘れてはいけないと思います。まだご覧になっていない方は、ぜひ見てください。(画像は漁船の上からマリア像に向かって祈りをささげる天草市崎津の老人と孫、なぜかヘミングウエイの「老人と海」を想いだします。)

カテゴリー: 観光 | コメントは受け付けていません。

三河内焼きの突出した魅力を感じた~日本橋高島屋での展示販売会を見る

8月3日午後、東京の朝日新聞に長崎県庁からの広告が出ていたので、日本橋高島屋で開催されていた展示販売会をゆっくり見ました。三河内焼きは唐子絵に代表される美しいデザインと、透かし彫りに見られるような精緻な技巧が高く評価されており、私も大好きな陶器・磁器です。日本橋高島屋の顧客層は中高齢層が中心で、訪問した当日も、多くの老夫婦が、三河内焼きコーナーを見学・購入していました。世界の市場を見ると、陶磁器は量的には中国製等の安い商品が多く売られていますが、高級品や作家物は、欧米・日本とも人気があります。課題は内外の販路開拓と最終ユーザーに向けたデザイン性だと思います。2008年12月から佐世保市「新美術館整備基本構想検討委員会」(私が委員長を務めさせていただきました)で、地域産業のためのデザイナー養成を盛り込むことを提唱させていただきました。印象派絵画収集でトップクラスの米国シカゴ美術館を毎週訪れていた時、併設の美術学校があったのを覚えていたからです。長崎県は商業デザインを学び育てる機会が少ないので、「物作り」(付加価値の高い製造業)を強化するためには、デザイン専門家をさらに養成することが必要であると思います。(画像は唐子絵、鯨をモチーフにしたデザインの三河内焼きの陶器)

カテゴリー: 街作り, 長崎 | コメントは受け付けていません。

九州産業融合型経済研究会が始まる~九州の産業活性化戦略をどう構築するか

8月8日午後、一般財団法人九州地域産業活性化センター主催の「九州産業融合型経済研究会」第一回が開催され、私は委員として出席させて頂きました。同研究会の目的は、九州が自律的経済圏となるために、新成長産業分野に注目した産業発展方策を検討する「場」とし、プロジェクトの抽出・提案を行うものです。問題意識としては、①新成長産業分野の振興のための発展基盤の整備、②ものつくりからサービスまでの多様なビジネスを統合化する結節企業、成長志向型の革新企業の発掘・育成、③地域主権・地方分権に基づいた主体的な産業振興政策の立案、④九州における新成長産業分野の現状・動向把握を行うこととなっています。8日は、委員である政策研究大学院大学特任教授橋本久義先生が講演をした後、デイスカッションを行いました。(画像は右から国立大学法人キ九州大学山本健児先生、上記橋本先生、㈱くまもと健康支援研究所松尾洋代表取締役社長、九州地域産業活性化センター専務理事鉄川洋氏)

カテゴリー: 世界日本経済, 経営 | コメントは受け付けていません。

1 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 126