長崎の「猫通り」に住む

連休らしい話題を一つ。休みになると私が9年半住んでいる長崎市新地町の路地に住み着いた5匹の野良猫を見に多くの観光客が訪れます。猫は三毛猫・キジ猫・黒猫です。以前は子猫が生まれて10匹くらいいたのですが、貰われて行ったのか、減っています。私が家に入ろうとしても、4~5人のカメラを持った女性のグループや家族連れが占拠して狭い路地が通れなくて困ることがあります。猫を抱いたり、接写したり、熱中しているので、声をかけづらく、私が路地の反対側から家に入ることもあります。猫の方も観光客慣れして、普段私が路地を抜けようとすると逃げるどころか、近寄ってきます。猫は可愛いと思ったことはありませんが、毎日見慣れていると「仕方ないな」と思ってしまいます。私はビルの3階をワンフロア借りて住んでいますが、先月4階の住人が入居する前に不動産屋さんが私の職場に来て、「4階に今度入る人は猫を飼っていますが、よろしいでしょうか?」とおっしゃいました。どんな猫なのかわからないから「駄目です」とも言えず、「はい」と答えてしまいました。まさか犬のように大声で吠える猫はいないだろうと思います。世の中にはなぜこんなに猫が好きな人が多いのか、呆れてしまいます。おまけに「日本長崎ねこ学会」という学会まであるというのですから驚きです。確かに長崎は港町なので猫が多く、しかも「尾曲がり猫」と言って、尻尾が曲がったり、短くなったりした猫が殆どで、尻尾がまっすぐ伸びた猫は見たことがありません。突然変異の上、劣性遺伝が続いたのでしょうか?ブログに猫のことを詳しく書くと、見に来る人が増えて路地が通れなくなるので、この辺にしておきます。(画像は、路地にいた5月4日の夕方の5匹の猫)

カテゴリー: 長崎 | コメントは受け付けていません。

少子高齢化と流通業~オーバーストア解消と都心回帰が必要

5月3日・4日連休を東京の自宅で過ごして4日夜長崎に戻りました。自宅近くの新宿やアジア人のメッカになっている銀座は、人であふれていました。4月17日に総務省から昨年10月1日時点の人口統計が公表され、NBCラジオの私が出演させていただいている「おはようコラム」でもシリーズで取り上げていますが、日本の人口は前年比26万人(0.2%)減少し、地域別には関東圏・福岡の人口は増加し、その他の都市圏や地方の人口が減少を続けています。各地域でも、都心部への人口移動が始まっており、高齢化に伴って、郊外から医療機関・買い物等に便利な都心部・中心部に人口が集中する傾向は今後も続くと予想しています。高齢者の車運転の危険性を考えると、コンパクトシテイ化は不可避だと思います。行政がこのような構造変化に対応するのは当然ですが、民間企業、特に消費者を対象にする流通業・サービス業等は変化への対応を急がないと、企業の発展もないし、大きなリスクを負うことになると思います。特に小売業は、消費金額自体の減少幅は小さいですが、商業床面積が増加して来てオーバーストア状態が続いて、百貨店・GMS(General Merchandising Store)から、SPA(Speciality Store Retailer of Private Label Apparel)等のカテゴリーキラーに売上が大きくシフトしていることは良くご存じのとおりです(百貨店の月坪売上が1990年の半分以下に減少)。しかも、消費地が郊外から都心部にシフトしており、今も郊外出店攻勢をかけるGMSや食品スーパーの出店見直しが必要になると思います。私が依頼を受ける講演でも今後の出店政策の在り方をテーマに要望されることが多く、関心は高まっています。商業施設を誘致したい地方公共団体や、出店攻勢をかける小売業に融資している金融機関も今後は業態選択等慎重な対応を求められます。

カテゴリー: 世界日本経済 | コメントは受け付けていません。

怖がりなのに飛行機好き~ジェット機とプロペラ機

私は大の飛行機好きで、ジェット機ならばどんな小型でも平気で乗ります。25歳の時、クリスマス休暇にクロスカントリースキーを練習するため、アメリカでシラキュースからユーチカまで吹雪の中を定期便の15人乗りジェット機で行った時も楽しかったです。今も年間に80回は飛行機に乗っています。でも大変な怖がりで、天候の悪い時の離陸直後は大いに揺れるので、慣れたとはいえ、本を読むのをやめ、じっと目をつぶっています。着陸直前はどれほど揺れようと(ボーイング機よりエアバス機の方が着陸の時は揺れが大きい)、揺れるのは当たり前と思っているので、怖くはありません。ジェット機はいいのですが、耐えられないのはプロペラ機です。長崎から壱岐・対馬に行くときはORC(オリエンタル・エア・ブリッジ)に乗れば大変便利なのですが、怖くてとても乗れず、いつも福岡経由で壱岐・対馬に行っています。これは、35歳の時、依頼があって東京からペンシルベニア大学ウオートン校に経済講演に行った際、ニューヨークのニューアーク空港からフィラデルフィアまで空路で行く予約を旅行会社が気を利かせて入れてくれたことが原因です。夕方でしたが、上下に大きく揺れて、わずか30分くらいの所要時間でしたが、外の景色を見る余裕もなく、ずっと目をつぶったままで、1時間以上に感じられました。福岡ー対馬間も、一時ボンバルデイア製の大型プロペラ機が飛んでいたことがあり、乗ってみたら快適でしたが、その後、海外で同型機に事故が相次いだため、ANAはジェット機に変えたようです。冬の対馬は大陸から吹く風が強く、山を切り開いて作った対馬空港はまともに風を受けるため、ジェット機でも一度で着陸できず、二度目のトライで着陸したこともあります。人からはジェット機よりプロペラ機の方が安全性が高いと言われますが、根拠があるかどうかも良くわかりません。飛行機にまつわる話題はまだまだ尽きませんが、長くなるので、この辺にしておきます。(画像は4月30日、伊丹ー長崎間を乗ったCRJ200。小型ジェットでも快適です。)

カテゴリー: 観光 | コメントは受け付けていません。

NBCラジオ~人口減少・少子高齢化が地域産業をどう変えるか?

5月2日から3回シリーズで、私が出演させていただいているNBC(長崎放送)ラジオ「おはようコラム」(午前8時25分~30分)で「人口減少・少子高齢化が地域産業をどう変えるか」を取り上げます。第1回(5月2日)は全国・長崎県の人口・高齢化動向、第2回(5月9日)は「不動産・住宅産業に与える影響」、第3回(5月16日)は「商業・流通業に与える影響」の予定です。人口減少・少子高齢化は多くの場合市場が縮小するため、地域産業にとってマイナスとなりがちですが、伸びる市場もあり、企業経営者にとっては、どういうビジネス展開をするべきかを考える良い機会になればと思います。

カテゴリー: 経営 | コメントは受け付けていません。

大阪の国際交流センターに行きました~コンベンションについて考えさせられた

4月29日午後から大阪の国際交流センターに行き、30日朝から開催されるイベントに備えるためホテルに泊まりました。伊丹空港からバスで25分かかる難波駅から30分の地下鉄中央線コスモスクエア駅からさらにバスまたはタクシーで5分という微妙な立地です。すぐ近くにはWTC(ワールドトレードセンター)、ATC(アジアトレードセンター)がありますが、歩ける距離ではありません。夜泊まってみて、同じビルにコンビニがあり、この周辺では、ここだけが買い物ができる店で、施設の周り一帯は真っ暗です。ホールは500人程度の国際会議ができる水準の立派な施設で、ホテルには聖書と仏教経典が和英で置かれてありました。コンベンションセンターは街中(まちなか)に近くないと来訪者は夜退屈します。形だけのアフターコンベンションをしても自分の意思で繁華街に行くことができない距離だと誰も来なくなると思います。地域の生活の匂いや雑踏も都市の魅力です。大阪は高校時代を過ごした好きな街です。大阪の弱点は、実は先に巨大な埋め立て地を作り、後で集客を考える点だと思います。集客が付いてくるだけの需要喚起策を取れれば問題ないですが、成熟国家日本で、本当に集客できる企画や施設がないと単なるコンベンションやカジノでは広大な埋め立て地をお客様で埋めるのは(洒落ではありません)難しいと思いました。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

五島市での講演は熱心な聴衆に感動~美しい大自然と温かい人々に包まれて

4月27日の五島市での講演は、テーマが「国体に伴う経済効果と街作り」でしたが、街作り、観光戦略、物産戦略について多くの時間を使い、中尾郁子市長様を始め、集まられた皆さんが大変熱心に聞いてくださり、講演終了後も多くの方々がご挨拶に来てくださいました。離島の魅力は、大自然・食・おもてなしの精神です。この日の昼食は、海と山の幸が一杯の食事でした(画像の通り上寿司がメインでしたが、刺身を少し食べてからでないと刺身がいくつも重なってしまって撮影しようにも中身がわからなかったです。このほか、てんぷらと茶碗蒸しが付いて2,200円で食べきれないくらいの食事でした)。また、私が長崎に来た9年半の間で最も波がない(凪)状態で、まるで湖面を船が行くような感覚でした。夕方のジェットフォイルで上五島の奈良尾港経由で長崎に戻りましたが、波に洗われごつごつした岩が剥き出た島影を縫うように、まるで対馬の浅茅湾(あそうわん)を進んでいるような神秘的な光景でした。

カテゴリー: 未分類, 長崎 | コメントは受け付けていません。

日ごろから親の介護の問題を話し合っておこう~日本社会にとっても避けて通れない課題

ゴールデンウイークに田舎に帰る方々も多いと思いますが、医療福祉政策をテーマの一つとしている私は、親の介護について話しておく必要があると考えています。とは言っても、若い方々には余り関係がなく、55歳以上の問題で、親が80~85歳以上になり、疾病・介護対策が必要になる年代です。これは、これまで日本の歴史で経験して来なかった高齢化が進んでいるためで、社会が初めて直面する課題で、財政が厳しくなり、高齢者医療制度・介護保険制度の見直しが必要になっているので、個人にとっても、社会にとっても、ますます重要な問題です。日本社会には「親を大事にする」という風土があり、一方では介護のために大きな経済的負担が生じたり、介護する側の子供が仕事を辞めざるを得なくなったり、重い病気になって介護どころではなくなることもあり、極めて具体的な問題です。親が比較的元気な75歳くらいから少しずつ話し合い、要介護状態になった時にあわてなくて済むようにしておくのが良いと思います。私の場合は親の方から話がありました。方法としては大きく分けて、①子供が親を引き取る、②親が今の家に住みながら介護サービスを受ける、③グループホーム・老人ホーム等施設介護を受ける、の三つの選択肢がありますが、満足の行く対応をするためには、子供も相応の精神的・肉体的・経済的負担を負いますから、時間のある時にゆっくり家族・兄弟で話し合っておくのがベストだと思います。和田秀樹著「人生を狂わせずに親の追いと付き合う」なども、介護の現場を見ている精神科医が書いた本として、個人がこの問題を考える際の参考になると思います。まず個人にとって重い問題なので、政策議論については、また別の機会に委ねます。(画像は美しい長崎港の夜景。4月26日から帆船祭りが始まります。こんな美しい土地で老後を送るのもいいですよ。)

 

カテゴリー: 医療福祉 | コメントは受け付けていません。

五島市で国民体育大会の経済効果と街作りについて講演させていただきます

4月27日午後、(ジェットフォイルが欠航しない限り)五島市で開催される第69回国民体育大会(平成26年長崎がんばらんば国体)五島市実行委員会総会で、国体の経済効果と街作りについて講演させていただきます。国体もスポーツコンベンションの重要な一部で、観光と同様、交流人口の拡大につながり、経済効果も大きいものです。ただし、一過性の経済効果となりがちなので、その後の観光・物産戦略や、スポーツコンベンション誘致体制を築いて始めて、中期にわたり離島振興に役立つと思います。また、国体開催を機に、子供・高齢者のためのスポーツクラブ活動活性化など「市民健康作り運動(疾病・介護予防を含む)」を進めることが、長い目で見て市民の福祉向上につながると思います。今回はとんぼ返りのようなスケジュールですが、五島を始めとする長崎県の国境離島は、この季節は比較的海も穏やかで(外海なので「春の海ひねもすのたりのたりかな」より少し波はありますが)、新緑も美しく、旅行するには良い時期です。全国の多くの方々にぜひ来ていただきたいと思います。

カテゴリー: 長崎 | コメントは受け付けていません。

ひがなが活性化協議会で講演と「浮立を活かした地域活性化」を話し合いました

4月24日夜、ひがなが活性化協議会(会長:山下政郎氏、メンバー23名)の第8回会合が開催され、文化庁に申請した「東長崎伝統芸能「浮立」を活かした観光振興・地域活性化事業」について、打ち合わせました。この事業は、長崎市東長崎地区に古くから伝わる伝統芸能である「浮立(ふりゅう)」を記録・保存し、子供たち等に継承することにより、地域住民の街作りへの取り組みや文化を通じた地域作りの向上に寄与することが狙いです。浮立は、豊年感謝の意を表して奉納される神事芸能で、その語源は、平安時代の「風流」と言われ、鉦(かね)や太鼓のリズムに合わせて踊るものです。特に、矢上くんちの「中尾の獅子踊」は、海外との接点としての長崎を象徴した中国風の踊りが浮立に取り込まれたもので、長崎くんちの小川町の「唐子獅子踊り」の原型になったとも言われており、全国的にも珍しいものです。併せて、地域の企業経営者が多く参加していることから、依頼により私が、「成長する企業の条件と地域貢献」と題して講演をさせていただきました。「自立する地域作り」に少しでも役立てていただければと思います。

カテゴリー: 長崎 | コメントは受け付けていません。

新緑が芽吹く季節、四谷三丁目から新宿御苑の散歩は楽しい

4月22日朝、東京の四谷三丁目の自宅からお決まりの散歩を楽しみました。私は東京にいるときは、明治神宮外苑~新宿御苑間の散歩を楽しんでいます。途中、JR信濃町駅・慶応大学医学部の校舎を通り、須賀神社にお参りに行き、四谷警察・東京電力勝俣会長の自宅前(24時間警官が駐在しておられます。)、四谷消防署、韓国大使館(周辺には警察の車が常時数台いて、物々しいです。)を通り、旧サンミュージックのビル、新宿御苑大木戸門に至るコースが歩いていて楽しいです。画像は、四谷消防署に併設されている消防博物館の前でたまたま通りがかった午前10時、音楽とともに動き出した音楽隊の可愛いからくり(仕掛け)人形です。親子連れが指さしていたので気づきました。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

1 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 118