長崎市版DMO(Destination Management Organization)形成に向けた研究会に出席しました

11月12日午前11時~午後5時、長崎国際観光コンベンション協会主催の「長崎市版DMO形成に向けた研究会」第3回「第1分科会」が市民公開の下で開催され、専門家・アドバイザーとして出席させていただきました。私の方からは、①民間的経営手法を活かしたDMO経営(DMOとしての事業構成を踏まえた「経営戦略」の策定と実行、意思決定過程の明確化・迅速化、効率的で経済効果の大きな組織運営等)、②オール長崎の推進体制として「民間が主導し、行政・市民が共に創造する観光」(観光産業、民間・住民・NPO等、行政・行政支援団体が協力しあえる体制)、③KPIとして、アウトカムとしての観光客数・観光消費額、それを支える内訳数値(外国人宿泊客数等)、観光満足度指標、インフラ整備指標(交通渋滞解消・駐車場整備・ICT対応施設数・外国語通訳者数等)を提案し、長崎版DMOの要点の私案メモを事務局に提出しました。有意義な提案ができたと思います。12月17日午後2時から、長崎版DMO設置に向けたキックオフミーテイングがマスコミ・市民公開の下で開催される予定です。

カテゴリー: 教育, 経営, 街作り, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

全国地域情報産業団体連合会全国大会in長崎が開催されました~ジャパネットタカタ前社長が講演

11月9日に長崎市で開催された、第39回全国地域情報産業団体連合会の長崎大会にご招待いただき、シンクながさきを代表して出席させていただきました。シンクながさきは、現在、長崎県のロボット・IoTの産業化案件を受託させていただいております。中でも印象的だったのが、㈱A and Live代表取締役高田明氏(元ジャパネットタカタ社長)の「夢持ち続け日々精進」と題した講演で、「今を一生懸命生きることが未来を切り開く」ことがメインテーマで、私の信条とも一致していると思いました。大きく参考になったのが、今だから語れることだと思うのですが、店頭売りとは異なる市場(年齢層・地域)を当初ラジオ販売、その後テレビショッピングで「市場創造」を行うことができた事実を説明してくれました。それも、テレビで話す「一言」が特定の購買層にインパクトを与え、大きな購買につながることを高田氏の話で改めて感じました。言葉や動作で伝える天才・「言葉の魔術師」だと思います。私としても、マスコミに出るときの影響・インパクトを考えなくてはならないと思いました。大変有意義な大会だったと思います。(画像は、開会挨拶された、長崎県情報産業協会・中野一英会長)

逕サ蜒終MG_20171109_133941

カテゴリー: 世界日本経済, 教育, 科学技術, 経営, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

雲仙岳災害記念館を訪問しました~2018年4月からリニューアル

11月7日、長崎県島原市の雲仙岳災害記念館を訪問しました。1991年6月3日に大規模な火砕流が起こり、防災関係者・報道陣を含め多大な人的被害をもたらした後、この施設は、2002年3月に竣工しました。私が長崎に行ったのは同じ年2002年の10月です。災害記念館の展示を拝見するにつけ、噴火災害に対する防災について、学ぶべきことが多いと思いました。一方、この施設には、2008年日本ジオパーク、2009年世界ジオパークに認定された「島原半島ジオパーク」の事務局があり、「活火山と人との共生」をテーマにした研究・教育・観光の拠点となっています。今後は、ハワイやスイス・アルプスなどでは盛んで、日本ではまだ開発余地のある「ジオパーク観光」を、島原半島全体の観光資源を活かして強力に推進することが必要だと感じました。2018年4月からの災害記念館のリニューアルに並行して、周遊ルートやガイド・教育方法などソフト面も充実して欲しいと思います。(画像は雲仙岳災害記念館から見た雲仙岳方面の風景。左が大噴火を起こした普賢岳と隣接した平成新山、右は眉山。)

逕サ蜒終MG_20171107_122452

カテゴリー: エンターテイメント, 建設, 教育, 経営, 街作り, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

九州吟行の記①~紅葉の深耶馬渓(しんやばけい)を行く

11月4日、半年前から予定していた、「紅葉の深耶馬渓(しんやばけい)」吟行に参加しました。とはいえ、11月初旬は、大分県日田市~中津市地域はまだ紅葉が始まったばかり。鮮やかな赤や黄色という訳には行きませんでした。日本遺産「やばけい遊覧」を旅することとなりました。併せて、日本遺産「近世日本の教育遺産群」の一つ「咸宜園(かんぎえん)」をじっくり研究するというテーマもありました。それでも、幾つかの拙い俳句を作ることができました。

「羅漢寺の磴(とう)に展(ひら)ける里の秋」羅漢寺は、大分県中津市本耶馬渓町の曹洞宗の寺院で、羅漢山の中腹に無数の洞窟があり、山門も本堂もその中に埋め込まれるように建立されています。急峻な石段と石畳を踏みしめて一歩一歩登ると、そこは天空の堂宇が開け、振り向くと雲間から数条の日の光が差し込む厳かな風景の底に、静かな山里が広がっています。「南天や石の仁王の動かざり」冬の到来を告げる南天の実が赤く色づき始め、仁王門の脇に静かに佇んでいます。左右の仁王像は素朴な石造りで、じっと動かず、1338年開山から時間が止まっているように感じました。

「清流にさざんか映す里明かり」深耶馬渓の一目八景(いちもくはっけい)は、いくつもの岩が屹立する山水画のような風景で、渓流が流れる里です。渓流沿いに一本の山茶花(さざんか)の木が白い花をつけて水面(みなも)に映り、夕暮れの早い山間の渓谷に明かりを灯したように美しく見えます。「自然薯(じねんじょ)や耶馬の巌(いわお)を一徹に」渓流沿いの蕎麦屋の一軒に立ち寄り、とろろ蕎麦を注文すると、頑固そうな爺さんが擂った濃い自然薯がかかっており、口に入れると、素朴な味と香りが広がります。真っ直ぐに立つ耶馬渓の岩のような、真っ直ぐな味でした。

逕サ蜒終MG_20171104_133448

カテゴリー: エンターテイメント, 人生, 俳句, 教育, 観光 | コメントは受け付けていません。

飛行機で読んだ一冊⑯~「たった一人の熱狂」仕事だけでなく人間の基本が大事であることを教えてくれています

10月28日の強風に揺れる飛行機で読んだのが、見城徹氏の「たった一人の熱狂」です。私がビジネス書をここであまり取り上げないのは、理屈や方法論だけを書いた本が多いからですが、作者の見城氏は幻冬舎の代表取締役社長で、角川書店時代からヒットメーカーで、作家を発見し、育て、「編集者」一筋に実績を上げてきた人物です。どんな道でも、一筋に続け、トップクラスになることは容易ではありません。41歳で角川書店の取締役編集部長になり、幻冬舎設立後も、五木寛之・石原慎太郎・唐沢寿明・郷ひろみ・村上龍等22冊のミリオンセラーを出版しました。「出版冬の時代」とも言われる中で、この本は、「売れる作家と本を作り出すにはどうするか」を克明に語っています。これまで8冊の単著を出版していただいた私などは、「売れる本を出す」という点でも重要な話テーマです。見城氏の方策は、本でも語っておられる通り「仕事に熱中する」「圧倒的結果を出す」ことかもしれませんが、さらにその原点は、「他人ができないことをやれ」「GNO(義理・人情・恩返し)は絶対死守」などの実体験にあるような気がしました。見城氏は1950年の生まれで、私よりも5歳年上ですが、編集・出版の世界だけでなく、研究・スポーツ・役所・企業等の分野を問わず、「人間の生き方の基本」という原点を改めて語っていただいたように感じました。「経営学より人間学」かも知れません。

カテゴリー: エンターテイメント, 教育, 東京, 経営 | コメントは受け付けていません。

台風と雨に好かれて~僕の行くところ台風に見舞われる

10月21日22日、台風21号接近の中、長崎から平戸を通り生月(いきつき)まで行きました。平戸大橋・生月大橋と、長崎県を代表する二大橋梁を通る際に、強風のため車が浮く感じがあり、スピードを落とさざるを得ませんでした。生月大橋から海峡を見ると、うねりを伴った白波が立っていました。魚籃(ぎょらん)観音も強風で歩きにくかったです。生月も、山田教会の後、大バエ灯台まで行く予定でしたが、断崖絶壁の上は余りにも風が強く、吹き飛ばされそうで、途中の塩俵の断崖で引き返しました。台風でなければ「サンセットウエイ」からの眺めは素晴らしいです。27日28日も上京した後、台風22号が九州に接近し、飛行機が欠航になるのを避けるため(大揺れする飛行機は大嫌いなので)、予定より早く九州に移動するために、幾つかの予定を延期しました。僕は台風と雨に好かれているような気がします。「雨男」とでも言うのでしょうか(画像が容量を超えているためfacebookに掲載します)。

カテゴリー: エンターテイメント, 東京, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

東京四谷・須賀神社の秋~台風前の静かな境内「須賀神社落ち葉踏みしめ子等詣る」

10月27日夜会食のため東京に移動し、28日早朝、いつものように自宅近くの須賀神社にお詣りに行くと、小さい子らがお詣りに来ていました。葉が散り始めていて、アニメ「君の名は」ですっかり有名になった神社に上がる階段も、少し寂しげでした(画像)。「須賀神社落ち葉踏みしめ子等詣る」子供達の小さな足が、面白がって本殿に続く参道の落ち葉を踏んでいきます。「須賀神社落ち葉踏みふみ子等詣る」だと、子供達の可愛い足取りが目に浮かぶようです。子供の時から、神社にお詣りすることは、教育の面からも好ましいと思います。都心のオアシスとも言える、神社の静かな環境を守りたいものです。

逕サ蜒・509161839669

カテゴリー: エンターテイメント, 俳句, 教育, 環境, 街作り | コメントは受け付けていません。

長崎市版DMO(Destination Management Organization)形成に向けた研究会に初めて出席させていただきました

IMG_20171023_101720

10月23日午前、長崎国際観光コンベンション協会主催の「長崎市版DMO形成に向けた研究会」第2回「第1分科会」が市民公開の下で開催され、専門家・アドバイザーの一人として初めて出席させていただきました。冒頭、私の方から、観光振興の基本、地域の観光振興政策の限界と課題に触れたあと、「長崎市観光の将来に向けての課題」と題して、①「交流の産業化」にふさわしい経済効果のある観光振興、②Market Segmentationに基づく「高付加価値観光の推進」、③観光を支えるインフラ整備(ハード・ソフト)の必要性等について、15分程度お話させていただきました。今回の議題は、「DMO組織の役割と機能と長崎市の役割分担等」で、①誰がどのように運営する組織か、②これまでの長崎観光をこう変える、③そのために、ここから着手する、④長崎市との役割分担の各項目について、私の方から、整理したメモをお渡ししました。京都・金沢・福岡・瀬戸内等も参考にして、「民間主導で積極的に需要を創造し、国内外顧客向け観光を推進する競争力ある組織体」として長崎DMOを形成できたらと思います。

カテゴリー: 世界日本経済, 京都, 教育, 福岡, 経営, 街作り, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

長崎県平戸市根獅子集落(隠れキリシタンの里)等を訪問しました~世界遺産登録に対する期待と受入体制

逕サ蜒・508710209273 10月22日から23日にかけて、台風21号が接近する中、長崎県平戸市根獅子集落(隠れキリシタンの里)・松浦史料博物館や、生月(いきつき)「島の館」・山田教会等を訪問し、関係者の方々からお話を伺いました。根獅子集落は、私が、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産登録に向けて、観光客等の受入を目指して地域づくりを住民の皆さんと一緒に進めるためご協力させていただいた、思い出の場所でもあります。今回も、川上元平戸市議会議長(根獅子出身)のご紹介で、ゲストハウス「ねしこ交流庵」で集まってくれた濱崎氏他住民の方々と旧交を温めながら、世界登録に向けた街作り・ツアーガイド・食の提供等の具体的なお話をお聞きし、私からもアドバイスさせていただきました。食も、「ヒラマサの刺身」や地元の魚など具がいっぱい入った「押し寿司」や「シイラのはさみ揚げ」など、地元ならではの豊富な食材で料理を新たに開発されており、以前にも増して地域の魅力が高まっていました。大事なことは、観光を団体・法人の形で事業化して、採算を取り、小さくても収益を上げていき、新たな投資を行って持続的な経営を地域で行うことに、地域の方々が気付き、実行していることです。2018年の世界遺産登録を楽しみにして準備していただきたいと思います。(画像は、平戸市根獅子集落の方々と私。)

カテゴリー: 人生, 教育, 経営, 街作り, 観光, 長崎, | コメントは受け付けていません。

長崎県ロボット関連ニッチ市場開拓支援事業の会議に出席

10月17日午後、長崎県ロボット関連ニッチ市場開拓支援事業の平成29年度第1回事業推進会議(座長:長崎総合科学大学木下健学長)が、前半マスコミ公開の下で開催され、事務局として出席させていただきました。前半で、㈱日本ビジネスソフトから、「ホテルでの自律型走行可能な案内ロボットの開発状況報告」が行われ、会議室内で、ロボットに質問しながら案内してもらうプレゼンが行われました(画像)。このロボットは、東京都産業技術研修センターが同社に開発委託したもので、長崎県工業技術センターと信栄工業が技術支援をし、ホテル日航ハウステンボスナバ開発㈱がコンテンツ設計・実証試験を実施しました。今後さらにロボットの精度を高めていくことになると思います。ニーズ・シーズマッチングや人材育成によって、長崎県でロボット・ドローン事業の産業化ができればと思います。

 

逕サ蜒・508229848113

カテゴリー: 世界日本経済, 投資, 科学技術, 経営, 長崎 | コメントは受け付けていません。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 130