東京都庁市場問題プロジェクトチームによる築地市場青果部ヒアリングに出席

12月14日午後0時半からインターネット中継・マスコミ公開の下で開催された、「市場問題プロジェクトチームによる築地市場青果部関係者へのヒアリング」に、専門委員として出席しました。今回は、東京シテイ青果㈱の鈴木敏行社長他のご意見を伺いました。築地市場青果部の業者の方々は、今後の市場環境の変化を読んで、経営戦略を明確に示して経営に取り組んでおられることがよく解りました。私は、「築地市場から豊洲市場への移転ではなく、市場のイノベーション(innovation,革新)を図ることに意義があり、そのための投資ならば容認される部分があるだろう。青果部関係者の方々は、量販店・ネット販売・コンビニ販売・輸出への展望といった、流通網の激変への対応を豊洲市場で行おうとされている。卸売市場が持つ市場機能と物流機能の中で、物流機能が拡大されざるを得ず、その点で豊洲市場でないと将来に向かって経営対応ができないとの認識は正しいと思う。」と発言させていただきました(中継動画がyoutubeで見られます)。12月15日付けの日本経済新聞東京版の記事(画像)の中で、小島敏郎座長が「豊洲市場は投資を回収できない」との指摘が委員から上がっていると述べておられます。豊洲市場は建設費他巨額の投資をすでに行っているので、その負担は重いと考え、今後を見据えて経営・事業スキームを工夫することが必要だと思います。

http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-content/uploads/2016/12/fdffcc1f5d8ef15dd3efc62d1340ec53-e1481842090638-320×240.jpg

カテゴリー: 世界日本経済, 建設, 東京, 環境, 経営, | コメントは受け付けていません。

神戸居留地訪問とルミナリエ~洸陽(こうよう)電機の乾社長様にお会いしました

12月10日から神戸に行き、地域共生型再生可能エネルギー事業(私が勝手に名付けています)で新しいビジネスモデルを作り全国展開している、㈱洸陽電機の乾正博社長とお会いするために、住吉の本社を訪問させていただきました。創エネ・新電力・省エネの三つを事業の柱とし、長崎県内では、雲仙市に小浜出張所を設置し、温泉熱エネルギー活用プラントを運営されています。九州地区のバイオマス発電や洋上風力発電事業での地域密着型展開に将来性を感じました。たまたま12月11日まで、旧外国人居留地・東公園でルミナリエを開催しているので、阪神淡路大震災後に整備された神戸港周辺や、神戸海洋博物館(カワサキワールド)をご案内いただいた後、豪華な照明を1時間程度鑑賞しました。今年は東公園で音楽に合わせて照明が動くイベントも行われ、感動しました。旧外国人居留地は、当時の石造りの建物を、外見の一部だけ活用して当時の雰囲気を保存した街作りを行っています。翌11日には、開館の10時から神戸市博物館に行き、神戸市の歴史を学びました。神戸港は1868年1月に開港しており、開港150周年に向けた機運の盛り上げを感じました。(画像はルミナリエの一部。)

http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-content/uploads/2016/12/12b5f2a9d2e86974f0857a7efe311ec6-320×240.jpg

カテゴリー: エンターテイメント, 友人, 投資, 環境, 科学技術, 経営, 街作り, 観光 | コメントは受け付けていません。

「君の名は」と伊賀「組み紐」~小学生の時に祖母から聞いたドラマと、アニメ

新海誠監督のアニメ「君の名は」が、繊細なストーリーと美しいアニメーションで世界中から高い評価を受けています。興行収入200億円、観客動員数1,500万人を超えたそうです。都会にあこがれる田舎の女子高生と都会の男子高生を主人公とした設定もユニークで、「めぐり合い事業」をお手伝いしている私にとって、地方創成にも役立つと思います。三島由紀夫の「潮騒」と通じる美しさを感じます。「君の名は」と聞くと、50年前伊賀市(当時は阿山郡)の山村の小学生だった私は、祖母から聞いた真知子と春樹の純真な愛と波乱の人生を描いたメロドラマ「君の名は」を思い出します(最初はNHKラジオ連続放送劇で、1952-54年放送。その後映画やテレビドラマが制作放映されました)。今にして思えば、祖母はとっても女性らしい女性で、愛情にあふれた人でした。三重も舞台になっていて、当時も伊賀「組み紐」が流行しました。男子学生も、授業の合間を縫って組み紐キットを使って飾りなど、組み紐を編んでいました。NHKニュースによれば、今の男子高校生も京都などの組み紐屋で購入していると言います。ただ、今と当時が違うのは、組み紐を髪飾りや腕飾りとして使う男子は田舎では恥ずかしくて、いなかったように記憶しています。アニメが結んだ過去と現在、地方と都会の出会いは、世界中から受け入れられると思います。(画像は三重県伊賀市の天台宗西念寺。50年前も今も、カヤノキの大木が迎えてくれる。) http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-content/uploads/2016/12/d201d45ba18bd78602b73aeb2ba9f486-320×240.jpg

カテゴリー: エンターテイメント, 世界日本経済, 京都, 人生, 教育, 街作り, 観光 | コメントは受け付けていません。

IR(統合型リゾート)推進法案が衆議院内閣委員会で可決されました~依存症対策が急がれる

12月2日、IR(統合型リゾート)推進法案(プログラム法案)が衆議院内閣委員会で可決されました。私は、2005年から公式に研究を始め、長崎県・佐世保市を中心とする、西九州統合型リゾート研究会の有識者委員会の座長、IR構想の有識者委員会の座長を務めさせていただいてきましたので、今回の可決は、IR実現に向けた第一歩と考えています。私は、長崎県・佐世保市でのIR実現は十分可能と考えており、有識者委員会の場でも議論された通り、治安の悪化、青少年への悪影響、ギャンブル依存症の増加等、懸念される事項に対し、地方公共団体と連携した対策を講じることが不可欠だと思います。特に、依存症対策は、国・県とも喫緊の課題で、12/4朝のNHK日曜討論でも国会議員から重要性が指摘されていました。今後も議論を尽くして、来年には実施法の審議をしていただけたらと思います。(画像は12/4NHK「日曜討論」での西村自民党総裁特別補佐・副幹事長。)

http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-content/uploads/2016/12/3ee18897f61bc141de35a699b5a689ab-320×240.jpg

カテゴリー: エンターテイメント, 世界日本経済, 医療福祉, 経営, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

目覚ましクラシックスin長崎を聞きました~クラシックベースの歌は素晴らしい

12月3日午後3時、ブリックホールで行われたKTNテレビ長崎主催の「目覚ましクラシックスin長崎」に行きました。元々、大分県日田市・福岡県浮羽市などに行く予定でしたが延期となり、代わりに早朝から7日の講演資料を作成し、9時半に温泉に行き、昼寝してからコンサートに行ったのです。第一部は「恋から生まれた名曲たち」と題して、ドビュッシー、ラフマニノフ、チャイコフスキー、プッチーニなどの名曲が演奏されました。ヴァイオリン松本蘭、第二ヴァイオリン藤村政芳(東京フィル)、ヴィオラ松本有里、チェロ宮坂拡志(NHK交響楽団・桐朋出身)、ピアノ内門卓也(東京芸術大出身)が出演し、ヴォーカルゲストとして、藤澤ノリマサ(武蔵野音大出身)が出演しました。私も、中学生で声変りがして以降、当時一世を風靡したバリトン立川澄人氏を目指し声楽を志そうとしましたが、能力のなさに断念し、法律・経済・経営の道に進んだ思い出があるので、大変懐かしく一曲一曲に聞き入りました。その後の人生でも、仕事の合間を縫ってシカゴ・ロンドン・ニューヨークでオペラやミュージカルを見て、そのストーリー性や音楽性の高さに深い感銘を受けたことを今も覚えています。藤澤ノリマサ氏は、POPな曲を歌いますが、声楽の基礎があるので、表現力に富み、とっても聞きごたえがあります。子供たちも多く来ており、クラシックに子供の時から親しんでおくと、人生の挫折や不遇の時期に、心の大きな支えになると思いました。(画像は、コンサートが行われたブリックホールの入り口。子供たちが開演を待っている。)

http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-content/uploads/2016/12/83beb27339d0fce8b0a26850ccbeeb21-320×240.jpg

カテゴリー: エンターテイメント, 人生, 奈良, 教育, 長崎 | コメントは受け付けていません。

西日本地区大中型旋網経営者研究会に出席~沖縄県の国際物流対策について研究

11月30日午前中に東京から移動し、午後福岡市内で第5回西日本地区大中型旋網(まきあみ)経営者研究会が開催され、アドバイザーとして出席させていただきました。今回は漁獲物の販売促進対策を研究する一環として、沖縄県商工労働部アジア経済戦略課に「沖縄県と沖縄国際物流の概要について」と題した講演と提案をお願いしました。那覇空港は、国際物流のハブ空港となっており、中国・韓国・ASEANへの物流基地化を目指し、多くの貨物が輸出されています。日本の水産品を沖縄県を通じてこれらの諸国に輸出させるために、様々な助成制度を設けており、引き続き研究したいと思いました。私は、14年前から、長崎県の水産品を早朝飛行機で中国・香港・台湾に運び、その日の夕方までには各国の大都市のスーパーに並べるようにしたいと考え、調査や活動をしてきました。沖縄県の取り組みも選択肢の一つとして研究したいと思います。

カテゴリー: 世界日本経済, 投資, 長崎, | コメントは受け付けていません。

東京都市場問題プロジェクトチーム第3回会議に出席~豊洲市場の施設の安全性・機能

11月29日午後4時から7時まで、第3回市場問題プロジェクトチーム会議が開催され、専門委員として出席させていただきました。今回テーマは、「豊洲市場の施設の安全性・機能」で、事前に行われた豊洲市場でのトラック・ターレ走行試行、築地市場での業者の皆さんからのヒアリングを踏まえ、当日公表された「代表的な質問事項」に私からの質問が多く掲載されています(東京都HPトップページに「市場問題PT」のボタンがあります)。例えば、「築地市場が狭隘だから豊洲市場を開場しようとしたと理解するが、水産卸売場・水産仲卸売場・青果卸・仲卸売場について、それぞれの面積を設計した理由を説明してください。」など5件あります。築地市場から豊洲市場に移転する場合、床面積が1.8倍となっている(全体で40.7ha)ので、その特徴・メリット(日本最大で、新機能充実の中央卸売市場)について、維持運営費用(ランニングコスト)の多くを負担することになる都民も業界企業も正しく理解することが必要だと思いました。コミュニケーションのために、「豊洲市場解説本」が必要かも知れません。(画像は11/30マスコミに公開された、豊洲新市場の内部の一部。6街区水産仲卸売場棟の個店の売場。)

http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-content/uploads/2016/12/a43de407e2e982660815b7e6f4d0e3f7-320×240.jpg

カテゴリー: 世界日本経済, 建設, 投資, 東京, 経営, | コメントは受け付けていません。

東京の雪とグラバーハウスでの披露宴~心に残る穏やかな結婚式

11月24日早朝から、東京での会議に出席するために移動。重い雪雲のために飛行機は揺れまくりました。眠気も覚めてしまいました。生来の怖がりだからこういう時に困ります。11月の東京での降雪は50年ぶりだとかテレビが報じていました。確かに東京での雪は1月か2月だったと記憶していますが、温暖化ならぬ寒冷化が進んでいるのでしょうか。11月26日16時半から、長崎市南山手のセトレ・グラバーハウスで、シンクながさきの松本裕喜君・江島伊智子さんの結婚披露宴が行われ、出席させていただきました。長崎港を見下ろす小ぢんまりした洋館で、和気藹々とした2時間半がアッという間に過ぎました。冒頭、ご指名により、私が招待客を代表して、祝辞を申し述べさせていただきました。その最後の部分は次の通りです。

「これからは、新郎・裕喜君、新婦・伊智子さんがお互いに励まし合い、また助け合い、支え合ってより深い絆を結んでいってほしいと思います。人生は平たんではありません。楽しいことも、つらいこともあります。しかも、人生は一度きりです。どんなに苦しい時でも、家族は味方になってくれて精神的に助かったことがあります。私はこれまで人前で「愛」について語ったことがないのですが、私が25歳の時にアメリカで会い、その後の人生に大きな影響を与えた、世界的な富豪で著名投資家のウオーレン・バフェット氏は、地方都市オマハの小さな家に住み、夫婦で質素な生活を送っておられますが、大変な愛妻家です。彼の名言の一つに次のような言葉があります。「誰かに愛されたいと思ったら、あなた自身が愛される人物になるしかない。人は見返りを求めようとするが、あなたが何かを与えなければ、あなたには何も与えられないだろう。」夫婦とは、愛を与え、与えられ、助け合うものだと思います。愛を二人で育んで行ってください。」(画像は、裕喜君・伊智子さん。新郎の山高帽は長崎の習わし。伝統がおしゃれを演出する。)

http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/0ffcb39ebbf7fc0352d3e266d9a3a014-320×240.jpg

 

カテゴリー: エンターテイメント, 人生, 東京, 街作り, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

温泉に浸かって考えたこと~「みんなが生き生きと生きる」社会を作るには

11月23日早朝、長崎市「福の湯」に行き、久しぶりにゆっくり温泉に浸かりました。ここは泉質がよく、九州では珍しく炭酸泉まであって、じっくり入ると温まります。最近は、東京・大阪への行き来が多く、長崎県内でも委員会や協議会に出席して落ち着く時間が少なかったので、今日は一息ついています。アメリカのマスコミの予想とは反対に、11月8日のアメリカ大統領選でトランプ氏が勝利してから、アメリカ社会・経済の実態が明らかになり、「格差社会」が「アメリカン・スピリット」を弱くさせているということです。今後5-10年をとっても、金融・財政問題で弱体化する欧州、オリンピック後が懸念される日本を考えると、アメリカが経済を牽引してアジア経済が発展する構図が見えてきます。ところが、トランプ氏の選挙公約にあるように、アメリカが保護主義政策に舵を切れば、世界経済は縮小に向かうか、少なくとも成長は難しくなります。日本も、アメリカほどではないにせよ格差社会に向かっており、「頑張れば豊かになれる」という希望が、若者にすらなくなってきていると思います。若者も拠り所・目標をなくしているのかも知れません。「車はいらない」、「海外で働きたくない」若者が増えても、「IoTやロボットで稼ぐ」若者が増えてくれればいいのですが。日本国民全員が「明日は今日より豊かに」と言える「みんなが生き生きと生きる」社会を作るには、短期的には政治、中期的には経済、そして長期的には教育の役割が大きいと思います。(画像は、大阪の臨海部をJALの機内から見た景色。IR・カジノの予定地である夢洲(ゆめしま)も近くに見えた。大阪・関西の経済力も高めたい。2025年万博の開催も目指している。)

http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/7312a8835b25e4b95195cee54cdad5f5-320×240.jpg

カテゴリー: エンターテイメント, 世界日本経済, 投資, 教育, 東京, 科学技術, 経営, 街作り, 長崎 | コメントは受け付けていません。

ドラッカー学会大会in長崎に出席~経営学より人間学、経営学者よりコンサルタント

11月19日、第12回ドラッカー学会大会in長崎が開催され、全国から錚々たるドラッカリアンが参加されました。私は、午前の「実践発表」6件の総括コメントをさせていただきました。個人のドラッカー実践、企業・経営体のドラッカー実践、地域社会のドラッカー実践の3つに分けて、まとめました。午後の野田一夫氏(多摩大学名誉学長・㈶日本総合研究所名誉会長)の基調講演、岩崎夏海氏(作家・岩崎書店CEO、ベストセラー「もし高校野球の女子マネジャーがドラッカーのマネジメントを読んだら」著者。)・井坂康志氏(ドラッカー学会理事)のトークセッションなど、充実した一日でした。ドラッカーは経営学者というよりコンサルタント、著作は経営学というより人間学であり、その著作は、本人の死後も言葉の力でいまだに経営や生き方の問題提起をしていると思いました。また、ドラッカー読書会を実践しておられる、福岡の奥田誠氏、札幌の清水祥行氏ともお話しさせていただきました。(画像は、野田先生の講演風景。)

http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/c3cf2919283b5f695550e4a1e442a553-320×240.jpg

カテゴリー: 世界日本経済, 人生, 友人, 教育, 経営, 長崎 | コメントは受け付けていません。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 117