壱岐の素晴らしい大自然に感動~「春光に壱岐の猿岩気高けり」「春風にお宝地蔵の歩き出す」

4月23-24日、長崎県壱岐市を訪問し、仕事の合間に、壱岐のこころ医療専門学校や新しい特養建設予定地などをご案内いただき、道々、壱岐の大自然に触れることができました。勝本で、とれたての甘いウニたっぷりの「ウニ丼」をいただきました。壱岐は何度訪れても、大自然・神々・食で優しく迎えてくれるような気がします。「群青(ぐんじょう)の海に染まらず壱岐の春」「島影を太らせている春の海」。玄界灘は冬から春にかけて荒れることもあるのですが、当日は、穏やかな美しい海の風景でした。「春光に壱岐の猿岩気高けり」15年ぶりに猿岩を訪れ、風雪にさらされても、凛として風格を持って立っている猿岩の姿を気高く感じました。「自分もかくありたい」と思いました。「春風にお宝地蔵の歩き出す」。私の大好きなパワースポットの一つに「お宝地蔵」があります。不思議なお地蔵さんで、ひっそりと佇んでいるのに、私に語り掛けてくるのです。24日の朝は、春の光を浴びて、お堂から出て、まるで歩き出すかのように、迫ってきました。(画像は、壱岐市鬼の足跡付近にて。玄武岩の断崖絶壁が連なる。海の群青を感じる。)http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-content/uploads/2017/04/e910c4068593f5cd06d2a0638bf36ca4-320×240.jpg

カテゴリー: エンターテイメント, 俳句, 医療福祉, 友人, 建設, 街作り, 観光, 長崎, | コメントは受け付けていません。

神楽坂での楽しい集い~前向きで創造的な若い方々との交流

4月10日の夜、新宿区神楽坂の料理屋で、私の20年来の友人で法学部の後輩が世話役となっている会が開かれ、出席させていただきました。私以外の8人のうち、4人がメンサ(人口上位2%の知能指数IQの交流を主目的とする非営利団体)の会のメンバーでした。職業はピアニスト、映画監督、大学発ITベンチャー経営者、マーケテイングコンサルタント兼マジシャンなど多彩な顔ぶれで、それぞれの分野だけでなく、他の分野のことにも知的好奇心を働かせ、創造的で知的な会話が夜半まで続き、つい時間を忘れていました。席が隣になった24歳のAI/ITの大学生ベンチャー経営者もカードを使ったマジックを私に見せてくれ、何故私が引いたカードを言い当てられるのか、狐につままれたような不思議さを感じました。この会は、年に4回四季折々に行われているようで、一人ひとりが音楽・芸術やビジネスや社会についての様々なアイデアを持って実践しておられました。各分野で努力をしておられるが、決して無理をしているのではなく、才能が自然にあふれて創造性を発揮しているのを間近で感じて、心強く思いました。知らず知らずのうちに、時代背景は異なりますが、私の40年前の若いころの記憶と重ね合わせていました。

カテゴリー: エンターテイメント, 人生, 友人, 教育, 東京, 科学技術, 経営, | コメントは受け付けていません。

最後の桜を須磨明石で味わう~まるで源氏物語の世界「花の雲北野天満叶い鯉」

4月16日、最後の桜を惜しむように、須磨・明石で今年最後の桜を楽しみました。40年前の22歳のころ、銀行の勤務地が大阪だったため、神戸・須磨にたまに出かけて楽しんでいました。須磨浦公園は当時よりも桜が少なくなって松林のようになったと感じました。今回は須磨離宮公園にご案内いただき、初めて行きました。ここは、昭和天皇のご成婚記念事業として整備された公園で、「王侯貴族のバラ園」として有名です。滝が流れ、洋式庭園が広がる贅沢な造りとなっていますが、斜面地を利用して造営されているので、長崎県亜熱帯植物園と似た形です。里桜のある庭園や温室は、新宿御苑の小型版のようでした。須磨の邸宅群を見ながら、須磨・明石は、まるで源氏物語のような、都から離れた別邸のある美しい世界でした。神戸に戻り、若いころ歩いた北野洋館群と西村珈琲を懐かしみ、北野天満宮を訪れました。「花の雲北野天満叶い鯉」(画像は、須磨離宮公園にて)http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-admin/media-upload.php?post_id=5977&type=image&TB_iframe=1

カテゴリー: エンターテイメント, 人生, 俳句, 環境, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

大村での新長崎学研究会講演と佐世保での長崎県立大学講義開始~「総監の花散らす庭船動く」

4月14日夜、長崎県大村市の「新長崎学研究会」で、「20年後の長崎ー長崎県民に求められる課題と中国・アジアとの交流」と題して講演させていただきました。長崎市長崎学研究所の藤本健太郎学芸員や、ドラッカー読書会の野口裕貴氏など若い方々にも来ていただき、講演後、長崎県がどのように「交流で生きる」ことを実現したらいいか、皆さんで話し合っていただきました。懇親会も議論が盛り上がり、幹事役の稲富氏には大変感謝します。終了後、JRで佐世保市に向かい、久々に佐世保で宿泊。朝起きると、ホテルの窓から大きな艦艇が多く停泊しているのが見えました。そう、佐世保は元々鎮守府が置かれていた、佐世保総監・米軍基地の街なのです。朝からSSK(佐世保重工)の横を通り、相浦にある長崎県立大学に向かい、29年度の「長崎経済論」の講義を始めました。80名を超える学生さん達が出席してくれていたので、驚きました。この講義も30年度からは内容を一新して「地域振興論」に衣替えされ、担当させていただきます。(画像は長崎県立大学の中庭。佐世保の方には見慣れた愛宕山が見えます。)http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-admin/media-upload.php?post_id=5974&type=image&TB_iframe=1

カテゴリー: 世界日本経済, 俳句, 教育, 経営, 街作り, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

熊本地震からの復興を成し遂げたその後(NBCラジオ「おはようラジオ」2017.4.7放送)

長崎県の経済は、着実な回復を続けています。昨年4月14日、熊本地震が起こり、多くの方々が被害に遭われました。熊本地震は、九州全体に大きなマイナスの影響を及ぼしたと考えられます。九州経済調査協会のレポートによれば、①製造業の設備等資本ストック被害額6,400億円、そのために生産額540億円減少、②民間消費は1,900-2,300億円の減少、③九州を訪れる宿泊旅行客による観光消費額360億円減少です。
九州経済は一時的には落ち込んだものの、現在は急速に回復しています。長崎県経済にも、次の影響が出ました。①宿泊旅行者数が、昨年4-6月は前年比30%以上の減少となったが、今は12%程度の減少、②個人消費のうち、乗用車新車登録台数が、昨年5-6月は前年比15%の減少となったが、今は7%程度の増加、③民間設備投資は、昨年4-8月は前年比30%の減少となったが、今は8%程度の減少。
熊本地震からの復興を成し遂げましたが、長い目で見て経済力をつけることが必要です。第一に、観光は重要産業ですが、地震などの災害に弱い傾向にあります。29年度も外国船寄港数の増加や外国人観光客の増加により回復基調は続くと思いますが、円高要因等、楽観は許されません。第二に、個人消費は雇用者所得が昨年12月からプラスに転じており、物価も安定していることから、緩やかな回復を続けると予想します。今のうちに、製造業・観光業のバランスのとれた産業構造を形成することが、「地震に強い長崎県経済」を作ることになると思います。

この記事は、NBCラジオを聞けない地域の方々からのご要望に応えるため、要約をブログに掲載させていただいています。

カテゴリー: 世界日本経済, 建設, 経営, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

築地市場の賑わいと東京の桜の終わり~「外人の溢れ築地の鮪(まぐろ)かな」「神の庭心静かに花の舞う」

4月8日、築地市場に行くと、朝から外国人の集団がうねりのように押し寄せていました。東京の外国人観光客の増加には目を見張るものがあり、その中でも、「日本の食」のメッカ(代名詞)「築地市場」の吸引力・集客力の大きさに改めて驚きました。そこで一句「外人の溢れ築地の鮪(まぐろ)かな」。4/4に東京都総務局から公式に事前告知していただいていた説明会が、4/8の午後から築地市場講堂で開催され、東京都市場問題PTの専門委員として説明会に出席し、市場経営について客観的に説明させていただきました。東京にいるときは、必ず朝自宅近くの新宿区須賀神社にお参りに行きますが、4/9には、境内の桜もほとんど散りかけていました。厳かな気持ちで一句「神の庭心静かに花の舞う」。

カテゴリー: エンターテイメント, 俳句, 建設, 投資, 東京, 経営, 観光, | コメントは受け付けていません。

中津の福澤諭吉旧居に想う~「花初(そ)めし福澤山脈記念館」

4月1日、中津市に行った時の余韻がまだ残っていて、最大の要因は、福澤諭吉旧居(国指定文化財)です。幕末から明治にかけて活躍した人は、「新しい近代的制度を築く」という使命感があったので、また、時代がそれを求めていたので、努力の成果が現れ易かったのではないかという気がしており、それほど、福澤諭吉を取り巻く人材は、豊富で、しかも現在「偉人」と評価されている方が多いです。「三井中興の祖」と言われた中上川彦次郎や、「電力の鬼」と言われた長崎県壱岐出身の松永安左エ門など、福澤が育てた人材は限りありません。そこで一句、「花初(そ)めし福澤山脈記念館」。桜が咲き始めていた中津で、ここで育った福澤諭吉が育てた人材、人脈が山を成して後世に大きな影響を与え、遺産として継承されていることに感動して詠みました(原句に中津市の俳句の大先生に手を入れていただきました)。諭吉が選んだ教育の世界は、「次世代を育てる」という使命感あふれる場だと思います。「人材は人物に集まる」という法則があると思います。http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-admin/media-upload.php?post_id=5957&type=image&TB_iframe=1

カテゴリー: 人生, 俳句, 友人, 教育, 経営, 長崎 | コメントは受け付けていません。

大分県中津市の一日~耶馬渓と中津城の桜「つつじ浮く青の洞門足すくむ」

4月1日、大分県中津市に行きました。日田市から耶馬渓に入り、青の洞門を見学(画像)。山あいでまだ寒く、禅海和尚が掘ったとされる大岩の周りに山桜の白い花とつつじの紫が対照的でした。「つつじ浮く青の洞門足すくむ」それから中津市に入り、奥平家の居城であった中津城の桜がちらほら咲いていました。奥平家第11代昌高は、日本の蘭学の発展に貢献したことでも知られています。「中津城花見の宴の早々と」中津市から山国町に清流の川沿いを移動する際に、谷合の麦畑で麦がきれいに生えそろっていて鮮やかに光っていました。「麦青む坊主頭の畑かな」中津で最も印象的だったのは、福澤諭吉旧居と福澤記念館でした。福澤諭吉は決して裕福な家庭に育ったのではないが、中津藩士から旗本になり、政治ではなく教育に注力し、慶應大学はもちろん、専修大学・一橋大学・北里研究所の創設にも尽力した近代教育の祖であると思いました。その起爆剤となったのが、三度にわたる洋行で、科学技術だけでなく外国の政治経済の実態を見て、オランダ語から英語への転換を図ったことが、その後の日本の外国語教育に大きな影響を与えたのではないかと感じました。

http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-admin/media-upload.php?post_id=5953&type=image&TB_iframe=1

カテゴリー: エンターテイメント, 俳句, 友人, 教育, 街作り, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

長崎県立大学編集の本の書評~「創る×まち 育てる×ひとー地域創造と大学」

3月31日、東京の日本離島センターからの依頼で私が書評(画像)を執筆した「季刊しまNo.249ー島の教育と地域づくりⅢ」を送っていただきました。本とは、長崎県立大学編集委員会編「創る×まち 育てる×ひとー地域創造と大学」です。書評の中で、「大学ならではの学術的・教育的な観点から新規性」を三点指摘させていただきました。第一に「しまに学ぶ、しまと結ぶーCOC(Center of Community)での学生の学び」、第二に「長崎県農業の生産額の増加」を発見させる教育、第三に「長崎市・佐世保市のこれまでと未来ー産業特性から見た都市構造の変遷」です。また。県内各市町の8事例が紹介されており、その中で、焼き物の里・波佐見町での15年以上にわたる官民の協働が、波佐見焼の再興や企業誘致(キャノン)、温泉の復活、ホテルとレストランの開設に結実したことを取り上げさせていただきました。私も「朝飯(ちょうはん)会」に出席し、地域づくりについて児玉さん・深沢さんたちと議論したころが懐かしく思い出されます。地元の方々が意識を持ち続け行動することで、地域は大きく発展します。書評の最後を次の言葉で締めくくっています。「大学の使命ー研究と教育を、次世代育成に活かす地域創造に期待したい。」

http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-admin/media-upload.php?post_id=5946&type=image&TB_iframe=1

カテゴリー: エンターテイメント, 世界日本経済, 友人, 教育, 経営, 街作り, 観光, 長崎, | コメントは受け付けていません。

飛行機で読んだ一冊⑨「金子兜太の俳句入門」~上野の桜は一分咲き

3月29日長崎から羽田に向かう早朝便で読んだのが、金子兜太「俳句入門」でした。1919年生まれで元日銀マンの著名な俳人ですが(1958年長崎支店に勤務しています)、作句の基本を学習するには、最高の本だと思います。韻文と散文の違い、切れ字・二物衝撃・短さと強さなど、実際に使える内容です。このブログ登場いただいている大分県中津市の私の俳句の大先生から勧められていましたが、やっとゆっくり読むことができました。3/29の夕暮れ時、上野の東天紅で食事をするために、上野の池の周りを通り過ぎているときに、まだ一分咲きくらいの桜を発見しました。最初に作ったのが「花つぼみ夕闇迫る上野池」でしたが、単なる説明かと思い、「ビル影に夕闇迫る花つぼみ」に変えて、大先生に送ったところ、「花固しビルの高さに闇が来る」と変えて送っていただきました。今年のような気候を「春寒」ということや、夕闇が迫れば当然に影ができるから「ビル影」が説明になっていることなど、コメントをいただきました。また、最初の句は「三句切れ」になってるので、「花は蕾夕闇迫る上野池」に修正していただきました。助詞「は」の一文字が入るだけで意味や趣が大きく異なります。僕は、散文の世界に育って、「長崎の池上彰」を目指していますが(笑)、韻文である俳句って本当に難しいですね(画像は、長崎の八坂神社の桜2013.3.30撮影)。http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-admin/media-upload.php?post_id=5941&type=image&TB_iframe=1

カテゴリー: エンターテイメント, 俳句, 友人, 教育, 東京, 長崎 | コメントは受け付けていません。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 122