NBC長崎放送あさかラ経済コラム12/29放送分「2018年長崎経済の見通し」~来年もよろしくお願いします

昨年12月28日、「2017年長崎経済の見通し」として、「輸出産業やインバウンド観光が伸び、良好な経済を実現。造船業界の動きには注視。」と申し上げました。予想通りになったと思います。

2018年は北朝鮮の動向やアメリカ長期金利の上昇、中国経済の成長鈍化など不安定要素もありますが、総じて良好な経済状態が続くと思います。長崎県経済は、個人消費が大きく落ち込んでいないこと、観光も変動は大きいものの堅調に推移していること、企業の設備投資が伸び始めていることから、持続的成長が可能であると予測します。生産面では、機械・重電・電子部品・水産が拡大しており、雇用についても有効求人倍率が改善傾向を続けており、一人当たり名目賃金もプラスに転換しているので、景気は安定的に拡大すると思います。

2018年の長崎経済が行うべき課題は、①観光の高付加価値化により観光客一人当たり単価を上げること、②安定雇用につながる製造業等地場産業の育成と、先進的製造業(ロボット・AI・自動車関連・医療福祉関連等)の誘致、③DMO(観光推進機構)の整備と実行(観光客動向分析等に基づくマーケテイング、ICT情報技術の活用等)、などです。

最後に、2018年の長崎経済を天気予報に例えると、「晴れ。ただし2019年に備えた雨傘の準備を早めに。」となると思います。

拙著「地方創生の成功法則ー地域振興における効果的な人口・観光・物産振興政策のあり方」が2018年1月から、amazon書店で販売となります。地域経済政策の根本原理と地域経営の参考としていただければと思います。来年もよろしくお願いいたします。(画像はシンクながさき執務室にて。英国王立写真家協会会員・三宅善夫氏撮影。長崎くんちの写真集で有名。)

画像IMG_20171226_191927

カテゴリー: 世界日本経済, 医療福祉, 投資, 科学技術, 経営, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

KTNテレビ長崎「みんなのニュース」2017年特集に出演~「つながる」がテーマ

12月27日午後3時20分から4時45分のKTNテレビ長崎「みんなのニュース」2017年特集「つながる」に出演させていただきました。私がコメントしたのは、①サッカーチームVファーレン長崎のJ1昇格の経済効果や課題、②新県庁舎・交流拠点・新幹線等駅前整備の効果と課題、③世界遺産候補「潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産登録の経済効果とアクセス等の課題、④ノーベル文学賞受賞者「カズオ・イシグロ氏」の長崎出身者としての背景、⑤2018年日本・長崎県経済の予測と注目ポイントでした。いずれも1-1.5分のコメントで、慣れているとはいうものの、VTRあり中継ありで盛沢山の内容で、目まぐるしい変化のある番組でした。MCの磯部さん・琴岡さんも時間配分が大変だったと思います。そのあとは、長崎市元船のgorms nagasakiで、ながさき地域政策研究所の忘年会でした(画像)。

画像IMG_20171227_205841

カテゴリー: エンターテイメント, 世界日本経済, 経営, 街作り, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

長崎県庁舎落成記念式典に出席~木の温もりを感じさせる7階建ての低層行政棟

12月24日午前9時半から、長崎県庁舎落成記念式典が1階で開催され、ご招待いただき出席させていただきました。行政棟は、7階建ての明るい雰囲気のオフィスで、コンクリートだけでなく、木の温もりを感じさせる低層構造となっていて、8階が展望室です。ほかに議会棟・警察棟・防災緑地があります。事業費433億円でした。金子参議院議員(前知事)が来賓挨拶で言われたように、全国でも珍しい漁港の土地を活用した県庁舎で、当初高層ビルを想定していましたが、景観や防災の観点から低層に変えた経緯があります。私自身、2008年7月から2009年3月に、長崎県県庁舎整備懇話会の副会長、2009年7月から県庁舎基本構想アドバイザーを務めさせていただいており、無事完成したことには感慨深いものがあります。もし長崎駅コンコースとの連結ができれば、より利便性が増すと思います。皆さんも是非行ってみてください。(画像は、式典での中村知事式辞風景。)逕サ蜒終MG_20171224_094400

カテゴリー: 建設, 街作り, 長崎 | コメントは受け付けていません。

NBC長崎放送あさかラ経済コラム12/22放送分「今年の長崎県を明るくした三大ニュース」

12月22日、NBC長崎放送「あさかラ経済コラム」で、「今年の長崎県を明るくした三大ニュース」と題してお話させていただきました。要点は以下の通りです(NBC放送をお聞きになれない地域の方々からのご要望により、本ブログに掲載するものです)。

今年は北朝鮮ミサイル発射・衆議院解散総選挙など、世界・日本ともに激動の1年でした。その中で、長崎県の景気は比較的堅調に推移しました。今年、長崎県を明るくした3大ニュースは次の三つです。

1.Vファーレン長崎のJ1昇格:今年11月11日、Vファーレン長崎が勝利し、J1昇格が決まりました。サッカーファンだけでなく、県民にとっても嬉しい瞬間でした。過去のJ1昇格の例を見ると経済効果は大きく、J2時代の1.7倍程度に拡大することが推計されています。販売額等計数が公表されていないので経済効果の推計には限界がありますが、過去の昇格の例を見ると、少なくとも年間20-25億円程度の経済効果が見込まれます。J1昇格により観客数が約2倍になったチームもありましたから、チケット販売、グッズ・飲食店売上など運営方法によっては、もっと増加することが予想されます。

2.県庁移転と出島表門橋完成:今年11月24日、出島表門橋が完成し出島と対岸が130年ぶりに繋がりました。日本史の教科書に載っている出島の形に一歩近づいたことになります。県庁がある場所は江戸時代に長崎奉行所西役所のあった場所なので、出島と県庁とは歴史的には一体として保存活用されることが望ましいと思われます。新しい県庁はほぼ完成しており、12月24日には式典が開かれます。

3.国境離島新法施行:昨年4月に国会を通過・制定された「有人国境離島地域等措置法」が今年施行され、国境離島に対する様々な補助金等による支援が行われることになりました。これにより、航路・航空路の運賃低廉化や、生活・事業物資輸送費用の負担軽減等幅広い離島支援が行われることになりました。来年は、世界遺産候補「長崎・天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の登録が実現することになれば、離島観光・物産振興に拍車がかかると期待されます。

今年を通して、長崎県が元々有する地域資源を活用して、大きく発展するチャンスが到来したと感じます。次回12月29日の経済コラムでは、2018年以降の長崎県経済を占ってみたいと思います。

カテゴリー: エンターテイメント, 世界日本経済, 建設, 街作り, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

壱岐市観光振興計画策定委員会が開催されました~個人旅行へのシフト・外国人観光客急増に対応できる観光を

12月19日、第3期壱岐市観光振興計画策定委員会(第1回)が開催され、議長として出席させていただきました。第2期までで、壱岐市観光連盟の体制も固まり、着地型観光ツアーの件数も順調に増加しています。また、食、神社・神楽(パワースポット)、古墳群、温泉、体験型観光等、観光資源の情報発信により、離島観光の魅力が高まっています。私は議長挨拶の中で、①団体旅行から個人旅行へのシフト、②インバウンド観光(外国人観光客の急増)が大きな環境変化として進展しており、2020年東京オリンピック・パラリンピックを機に観光の形が大きく変わる可能性があること、そのために、従来の観光協会ではなく、DMO(観光振興機構)が民間の知恵と実行力で地域の観光を総合的に推進していくことが求められていることをお話させていただきました。一方、壱岐市もインバウンド観光の推進・アクセスの改善など、課題も残されており、第3期壱岐市観光振興計画に盛り込んでいきたいと思います。(画像は、壱岐市郷ノ浦港の夕日。ワグナー「神々の黄昏」を体感する。12/19撮影)

逕サ蜒終MG_20171219_163634

カテゴリー: エンターテイメント, 世界日本経済, 街作り, 観光, 長崎, | コメントは受け付けていません。

みなとオアシスKOBEを視察~広大な神戸港の交流拠点としての活用が進んでいる

逕サ蜒終MG_20171216_133247

12月16日、寒風が吹く中、みなとオアシスKOBEを視察させていただきました。メリケンパークに30メートルの「あすなろの木」が富山県氷見市から運ばれ、「世界一のクリスマスツリー」として、西畠清順氏(プラントハンター、幕末より150年続く花と植木の卸問屋の5代目)が総合プロデユースされていました(画像、背後に翌檜の木とオリエンタルホテル)。これは、神戸開港150年記念事業でもあります。神戸港は、中突堤・高浜地区、新港突堤地区、兵庫津地区に分かれており、「みなとオアシスKOBE」は、NPO法人神戸グランドアンカーが活用・運営しています。この団体は、波止場町TEN×TENという、プロ作家たちがアトリエ&ギャラリーとして活動しているみなとの文化・交流施設を拠点に活動しており、神戸ポートターミナル等、多くの基本施設を活用しています。観光交流スポットとしても、神戸ポートタワー・神戸海洋博物館&KAWASAKIワールド・神戸ハーバーランドなどがあり、賑わいを演出しています。16日もホットドッグやケバブ等、多くの飲食店車がメリケンパークに並んでいました。長崎港も、明治維新150年を迎える来年、長崎港の交流拠点としての活用をさらに図ることが必要と感じました。

カテゴリー: エンターテイメント, 経営, 街作り, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

年末に想う②~「CREATIVEということ~古くて新しい課題」

今年の私の活動や社会の動きを振り返り、このブログにも触れていますが、年々「CREATIVITY(創造性)」が強く求められる時代になっていると思います。それも、①創造型のCREATIVITYと、②課題解決型のCREATIVITYに大きく分かれます。5月12日のこのブログで、「第四次産業革命で地域はどう変わる?」と題して、人口知能・ロボット等が発展しても機械に奪われにくい仕事として、CTRATIVITY系(創造)、MANAGEMENT系(経営・管理)、HOSPITALITY系(もてなし)の三つを上げました。ここでCREATIVE系とは、アニメ・映画・音楽等の「コンテンツ」です。今年3年越しに実現したことの一つに、岩崎友彦監督が主宰されている映画祭に出席させていただき自主製作映画の7つの秀作を鑑賞したことがありました。限られた予算で如何にショートフィルム等「訴える映画」を製作するかが問われています。これに対して、私が主として取り組んでいるのは、②課題解決型のCREATIVITYです。長崎県の案件でこの型(頓智の一休さん型)のCREATIVITYを、過去15年間にわたり公営事業や自治体で行ってきましたが、今年の活動の中でも、東京都専門委員として、市場会計に係るいわゆる「豊洲・築地問題」をできるだけ両方解決することを検討できてよかったと思います。どのタイプのCREATIVITYであっても、「無から有を生み出す」極めて人間的な活動です。若い人は若い人なりの、経験豊富な方はそれなりの、CREATIVITYをもっと発揮すれば、世界の中で日本はもっと強くなれます。経営者も、教育者も、クリエイターも大きな役割を担っています。(画像は、「東京月イチ映画祭」の意見交換風景。映画制作の着想や背景を製作者・出演者から直接聞けるいい機会。評点をつけるので真剣に鑑賞。) 

逕サ蜒終MG_20171209_173319

カテゴリー: エンターテイメント, 人生, 教育, 東京, 経営, 長崎 | コメントは受け付けていません。

年末に想うー「国際文化観光都市」に向けた着実な歩みを

逕サ蜒終MG_20171207_130919

今年も終わりに近づいており、資料の整理をしていると、過去の自分の著作を目にします。長崎県の今後の産業の柱の一つとして、観光産業があります。「魅力ある国際観光都市を目指して」(「自民長崎」2008年vol.1)(画像)、「ポスト龍馬伝の戦略」(長崎新聞2010.2.5)を見ると、10年前から着実に観光振興が進められてきていることがわかります。前者の対談は、私と梅元建治氏でまとめた「長崎新国際観光都市化構想~新長崎国際化推進計画に基づく都市づくりエリアプラン」(2007年5月)をベースにしています。ただ、国の観光立国戦略によりインバウンド観光客の急増やMICEの実現と都市間競争など、世界的な新たな環境変化に直面しており、長崎県はこれらの動きを先取りして勝ち抜かなければなりません。2018年は、「観光で豊かな長崎県を作る」ために、「高付加価値観光」を実現することが求められると思います。長崎市や佐世保市等のDMO(観光推進機構)も本格稼働させることが必要になると思います。長崎市のDMOは私も戦略策定にかかわれせていただいています。新時代の長崎県の観光に期待したいと思います。12月には、私の新しい本「地方創成の成功法則ー地域振興における効果的な人口・観光・物産振興政策のあり方」を出版する予定です。

カテゴリー: 世界日本経済, 街作り, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

長崎大浦での休日の過ごし方~「さるく」と「サッカー観戦」と「牡蠣焼き」と

12月3日午後、江戸末期~明治初期に外国人居留地があった大浦・南山手で、ゆったりとした時間の流れを感じながら「さるく」(街歩き)をすると、色んな歴史の痕跡を発見します。路面電車の終点・石橋電停付近には、「ブラタモリ」(2015.4.11放送)で紹介された暗渠(道路の下に残されているアーチ橋)などが見られます。大浦は、南山手の国宝「大浦天主堂」や、世界遺産「旧グラバー住宅」から坂を下ってきたところにあります。名古屋グランパス対福岡アビスパの試合が16時からなので、その前に、大浦・南山手の街作りについてお話を伺いながら、洋食店「レッケル」で大浦の方々と、トンカツやステーキやポーク野菜炒めでゆっくり食事をしました。レッケルの松島オーナーも大のサッカーファンで、吉田麻也などの選手の活躍の写真が掲げられています。たまたま近くの松枝公園に行くと、地域の防災訓練の後、堤市議他の方々が牡蠣焼きをしておられたので、便乗して戸石(といし)牡蠣(=長崎市のブランド牡蠣で戸石漁協に揚がる牡蠣)をいただきました。今年の戸石牡蠣は広島牡蠣のように身が大きく重量感がありました。「牡蠣焼き」とは、長崎県では見慣れた風景なのですが、全国の方のために少し解説させていただくと、バケツ一杯の生牡蠣を七輪などに金網を載せて炭火で焼くという、ダイナミックな食べ物です。ステーキも焼いていたようですが、子供たちが食べてしまったようで、残っていませんでした(笑)。(画像は、牡蠣をいただく私と堤市議・宮崎さん=古くから営業されている酒店併設の立ち飲み屋「大井呑(おいどん)」のご主人)

逕サ蜒終MG_20171203_151404

カテゴリー: エンターテイメント, 人生, 建設, 街作り, 観光, 長崎, | コメントは受け付けていません。

温泉に浸かって考えたこと⑥~「新しい日本は先手必勝」

12月2日、半年ぶりに朝から温泉「福の湯」に浸かりに行きました。最低気温4℃という寒さでしたが、ゆっくり炭酸泉に浸かり、露天風呂から眼下の街や山々を見ていると、日ごろのあわただしさを忘れます。11月27日のIR有識者委員会や30日の東京ビッグサイトでの国際ロボット展への出展など、新しい長崎県を作るための努力は、疲れを感じさせません。戦後日本は、自動車産業・電機産業等がけん引して、世界有数の工業国として発展してきました。その過程で生み出された制御等の生産技術、カンバン方式・提案運動等の経営技術には、世界に誇るべきものがあります。一方、2016-17年に顕在化した、電機産業等で「世界標準global standard」を取れないためにグローバル競争に勝てない事実も直視する必要があると思います。日本は戦後高度成長期からバブル崩壊期を経て、新しい世紀を創造する時期を迎えています。それが、医療・AI・ロボット・福祉・環境・経営・教育等の技術であると思います。大都市には集積のメリットはありますが、地方にあって「グローバル・ニッチ」市場を席捲できる企業も多く現れています。「知恵が地域を超える」時代が来ており、大学や研究機関・各種教育機関の重要性は高まっています。そして、「新しい日本は先手必勝」でなければなりません。この時期、2018年経済社会の見通しについて講演依頼を多くいただいていますが、長崎県経済の近未来予測について、12月27日KTNテレビ長崎、29日NBCラジオでお話させていただく予定です。(画像は、11/30国際ロボット展で、赤木コーセイ㈱・新栄工業さんらと。)

逕サ蜒終MG_20171130_135446

カテゴリー: 世界日本経済, 投資, 教育, 科学技術, 経営, 長崎 | コメントは受け付けていません。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 130