中国経済と長崎県(NBCラジオ2017.2.8放送分要約)~米中の経済関係が世界経済を左右する

日本経済・長崎県経済は、戦後の歴史を見ると、造船・観光の両面で、中国の影響を大きく受けて来ました。そこで、中国経済と長崎県の今年の動向について見たいと思います。
中国経済は、昨年は実質GDPで6.7%の成長で、今年はやや鈍化して6.5%成長と予測しています。中国は産業構造を転換中で、民間設備投資が過剰設備の解消のため抑制しているほか、不動産価格も頭打ち傾向が見られます。今年の中国経済の懸念材料は、アメリカの保護貿易ムードの高まりです。中国の輸出額は、2012-2014年に増加しましたが、その後は減少傾向です。中国のアメリカ向け輸出シェアは、18%と高いため、トランプ大統領の通商政策が最大の懸念材料です。
長崎県経済が中国経済の影響を最も受けるのは、今年は観光で、円高・人民元安になると、日本や長崎県を訪れる中国人観光客数が減少することになりかねないと思います。そこで、中国経済がどうなっても観光収入が減らない「強い観光県」となることが必要で、そのためには「競争力のある国際観光都市」となることが必要です。現在、長崎市はインバウンド観光(外国人観光客誘致)のために、DMO(Destination Management Organization)を設置する準備を進めています。DMOとは、その地域の観光資源に精通し、地域と協働して観光地域づくりを行う法人のことで、今後の観光推進の中核となることが期待されます。瀬戸内DMOで進められている、瀬戸内海クルーズや水上飛行機の活用による遊覧飛行もヒントになると思います。

(この記事は、NBCラジオが聞けない全国の地域からのご要望によりブログに掲載しています。)

カテゴリー: エンターテイメント, 世界日本経済, 投資, 経営, 街作り, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

デンマーク・デザイン展の最終日に行きました~富永直樹「塗る男」を発見

2月12日夕方、長崎県美術館で開催されてきた「デンマーク・デザイン展」(県美術館・KTNテレビ長崎主催)を最終日に見に行きました。デンマークといえば、26歳の時に行った、コペンハーゲンの王立軍事博物館や、テーブルウエア好きにはたまらないロイヤル・コペンハーゲンの食器類くらいしか知らなかったのですが、アルネ・ヤコブセンのチェアに代表される家具類や、ラースンの皿「ブルーフルーテッドメガ」の食器類など近代的なデザインが目に留まりました。いずれも家で使いたい作品ばかりですが、ある程度大きな家でないと、デザインの良さが光らないと思いました(笑)。いつもは講演を依頼されて会場として来ることの多い美術館ですが、今日は人目につかない片隅に置かれた名品を発見しました(画像)。富永直樹のブロンズ像「塗る男」(1949第5回日展出品)で、作業着の左のボタンを嵌めようとしている塗装工を描いたもので、働く人間に対する富永の温かい目を感じる名作だと思います。「作品が呼ぶ」とはこのことだと思いました。新たな発見に、すがすがしい気分で美術館を後にしました。

http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-admin/media-upload.php?post_id=5837&type=image&TB_iframe=1

カテゴリー: エンターテイメント, 世界日本経済, 教育, 長崎 | コメントは受け付けていません。

長崎学研究発表会(第1回)に出席~「長崎における炭坑・鉄道・橋梁の観光資源化と活用策」を研究発表

2月11日午前、長崎市長崎学研究所主催・長崎学ネットワーク会議共催による第一回長崎学研究発表会が開催され、長崎学ネットワーク会議理事として出席させていただきました。研究発表は、私からは、長崎近代化遺産研究会理事として、「長崎における炭坑・鉄道・橋梁の観光資源化活用策」と題して研究発表させていただきました。長崎県内の近代化産業遺産の全体像を示し、その中で、世界遺産に登録されている長崎市内の遺産の意味、県北の近代化産業遺産の研究(炭坑・鉄道・橋梁)、長崎市内の近代化産業遺産と県北との違い、近代化産業遺産の「保存と活用」と今後の課題を30分程度でお話しました。長崎の幕末・明治以降の近代化の歴史は、日本の産業革命の礎となったにも拘わらず県内の研究者も極めて少なく、あまり知られていません。学者や学芸員にとっては、「産業・技術史」を始めとして未開の大地が広がっています。県北の近代化産業遺産も、日本遺産に登録された文化財以外は、まだまだ研究されていません。私は、県・市の方針と同様に、研究したものを、観光・教育に活かして、少しずつでも持続的研究ができる体制を作りたいと思います。長崎県内の近代化産業遺産に興味のある方は、是非長崎近代化遺産研究会に参加してほしいと思います。(画像は、長崎学児童研究コンクールで長崎市長賞を獲得した長崎の方言の研究。)

http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-admin/media-upload.php?post_id=5832&type=image&TB_iframe=1

カテゴリー: エンターテイメント, 世界日本経済, 建設, 教育, 科学技術, 経営, 街作り, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

座談会「明治日本の産業革命遺産~保存と活用を考える」に出演

2月10日夕方、NCC長崎文化放送本社で開催された座談会「明治日本の産業革命遺産~保存と活用を考える」(非公開)にコーデイネータとして出演させていただきました。出席者は、岡林隆俊先生(長崎大学名誉教授)、有馬学先生(九州大学名誉教授・福岡市博物館長、世界遺産登録推進協議会専門家委員会のメンバー)、東川隆太郎氏(NPO法人かごしま探検の会代表理事)でした。主たる内容は、①歴史文化遺産の中で、近代化産業遺産は文化財自体が大きく、保存が大きな負担となるところに特徴がある。②保存:「ヘリテージ・マネジメント」(有馬先生)、「残す責任」など、行政・地域を含めた社会的合意が必要。③活用:保存するために活用は必要。活用の方法は、「観光」と「教育」。「次世代への継承」(学校教育・社会教育)こそ、長期にわたり社会的認知と収入を得る手法。④稼働資産:過去にはなかったカテゴリーの歴史文化遺産。使い続けるという事実自体が貴重な遺産。⑤保存に必要な財源の確保を、国の補助・税収だけでなく、観光客等来訪者から得る工夫をすべき(特に端島)でした。各先生方からも、内容の大変濃い座談会になったとの感想をいただき、収録内容を、文化庁の了解を得て、教育・観光に活かしていきたいと思います。

 

カテゴリー: エンターテイメント, 世界日本経済, 教育, 科学技術, 長崎 | コメントは受け付けていません。

長崎市企業向け結婚・婚活支援セミナーで講演

2月10日午後、長崎歴史文化博物館で開催された「長崎市企業向け結婚・婚活支援セミナー」で、「結婚できる職場を目指すために~職場でできる婚活支援・結婚できる会社は成長企業~」と題して講演させていただきました。昔と今とでは、結婚観も変わってしまっていますが、企業経営にとって、人材の定着・女性を活かし働きやすい職場が企業が成長するために不可欠であることを話しました。特に最近では人材確保が難しく、結婚し家庭を持つことによる人材の定着とワークライフバランスが大変重要です。企業経営者が従業員のライフプランをお手伝いしている企業も中にはありますが、個人が自由に結婚相手を見つけたいと考える場合、企業をネットワークして、複数企業が共同で婚活パーテイー等を開催することも有益です。イベントをサポートする事業として、長崎県の「めぐり合い事業」がありますが、民間企業でも類似の事業を行なっている例があります。最後に、成果が上がっている長崎市卸団地立地企業の合同婚活パーテイーの例を紹介させていただきました。

カテゴリー: エンターテイメント, 人生, 教育, 経営, 長崎 | コメントは受け付けていません。

西日本地区大中型旋網経営者研究会・日本政策金融公庫水産友の会講演会に出席~松浦魚市場の整備について研究

2月2日午後、西日本地区大中型旋網(まきあみ)経営者研究会が長崎で開催され、アドバイザーとして出席させていただきました。今回のメインテーマは松浦魚市場の整備で、食の安全・安心と国策である農林水産物の輸出促進のための工場建て替え(閉鎖型市場・HACCP対応)の研究でした。折しも、豊洲市場も閉鎖型市場・HACCP対応を目指しており、多大な関心を持って出席させていただきました。その後、日本政策金融公庫水産友の会主催の講演会(講師:国立研究開発法人水産研究・教育機構理事・水産大学校長の鷲尾圭司氏、テーマ「水産物の付加価値向上」)に出席しました。懇親会では、日本政策金融公庫代表取締役専務取締役・高橋洋氏とゆっくりお話しさせていただきました。水産業の将来に向けた展開について語り合う、有意義な夜となりました。(画像は、水産友の会・旋網経営者研究会合同の懇親会で、日本政策金融公庫・高橋専務取締役と。2017.2.2撮影。)

http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-content/uploads/2017/02/4baa28de5db45b42a35869eefe5f0d6f-e1486456905511-320×240.jpg

カテゴリー: 世界日本経済, 建設, 投資, 東京, 環境, 経営, 長崎, | コメントは受け付けていません。

飛行機で読んだ一冊⑤~「一休『禅』の言葉」

1月25日の第5回東京都市場問題プロジェクトチーム会議以降、神戸・大阪・奈良訪問や東京での会議等、飛行機に乗る機会が多く、疲れていると仕事と全く関係のない本も読みたくなります。築地・豊洲問題は重いので、そのような中で、境野勝悟氏著「一休『禅』の言葉」は、「ありのままの自分となって自由に生きる」ことを教えてくれます。僕のことを「一休さん」という人がいますが、一休さんは頓智の名手のイメージが強く、実像はあまり知られていません。著者は円覚寺龍隠庵会首で、私立栄光学園で18年教鞭をとってから、駒澤大学大学院禅学特殊研究科博士課程を修了され、いわば「禅の大家(たいか)」です。「そのままに生まれながらの心こそ願わずとても仏なるべし」「人の役に立とう」「人に認めてもらおう」という生き方を続けていると、だんだんリラックス出来なくなる。自分が生まれながらに持っている才能や性格や興味に耳を傾ける方が良い。「そういう主体的な生き方をしている人を、一休は『仏様』として拝んでくれる。」「自分の価値を知っている人、自分らしい生き方を養ってきた人、そしてみんなと楽しく生きいる人、そういう人を、本来の仏、というのだ。」(p.67)「何事も見ざる言わざる聞かざるはただ仏にはまさるなりけり」「短所は見ない、言わない、聞かない。ただひたすら、長所を伸ばし、長所を用いてやれば、この世の中に落ちこぼれは一人もいなくなる。」(p.197)癌で死に直面する友達の心の安らかさ、座禅の意味など、教育者でもあった著者の生きる知恵が詰まった本です。経営にも生かせると思いました。(画像は、「もしドラ」著者・岩崎夏海氏と帝京大学vs東海大学応援後、神宮前ラグビー場で。岩崎先生・森吉弘先生(帝京大学・元NHKアナウンサー)も知恵の人です。鬼塚さんご夫妻もご一緒。2017.1.9撮影)

カテゴリー: エンターテイメント, 人生, 教育, 未分類, 経営 | コメントは受け付けていません。

東京都庁市場問題プロジェクトチーム会議第5回に出席~豊洲市場の事業について

2017.1.25午後5時~7時過ぎ、東京都市場問題プロジェクトチーム会議第5回が開催され、豊洲市場の事業について(豊洲市場の事業継続性・業者の負担と事業継続性)が議論されました。東京都の試算によれば、豊洲市場の事業継続性はあるが、築地業者の豊洲移転意思・築地売却可能価格の点で経営リスクは存在することを私から指摘しました。そもそも東京都中央卸売市場11市場の合計額しか市場会計が存在せず、中期経営計画の計数計画も存在しない中で、中央卸売市場と豊洲市場の計数計画を、戦後市場が始まって以来初めて東京都が作成したもので、豊洲開業後の収益収支・資本収支について検討する試算ができたことの意義は大きいと思います。それによると、豊洲市場の開場後の収支概算は98億(うち減価償却71億円)の赤字、中央卸売市場会計全体でH40年度140億円の経常赤字(減価償却等除くベースで5億円の赤字)となります。会議は全て情報開示されており、インターネット中継は、東京都庁のホームページの「市場問題プロジェクトチーム」のボタンから入っていただければ見れます。なお、ご参考までに、私が発言した冒頭の意見陳述の要点を下記に書き記します。(画像は、25日の会議に関する、1/26日経新聞東京版記事、)http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-content/uploads/2017/01/f8e3525a3fcfb8a59d37a1007cf645f5-e1485413456116-320×240.jpg

1. 中央卸売市場の経営と豊洲移転
(1)市場会計と収支見通し
東京都中央卸売市場には、数値による経営計画がこれまで存在せず、今回、プロジェクトから提案して2カ月くらいかけて作成していただいた。但し、原則11市場の合計額で、個別市場の実績も計画も数値は存在しない。そこで、収益金額をベースにして経費配賦を行い、個別市場の収支もある程度把握できるようにしていただいた。その結果、築地は6億円程度の黒字であったが、豊洲は98億円程度の赤字となり、その主因は、2,900億円近くになる建物等の投資額に対する減価償却費であることが分かった。この投資額は、収益的収支との比較において過大であることは言うまでもないが、減価償却前の利益で見ると、特別損益を除外した平年度ベースで収支がほぼ均衡している(若干のマイナス)ことから、年間20億円程度の一般財政補助金が繰り入れられれば、提示いただいた平成42年度までの豊洲の継続可能性はあるが、これが将来にわたって繰り入れられるかどうかは議論の余地がある。投資回収には長い時間がかかる。また、大きな公共施設を建設すると、その後の維持管理・運営費が大きく、収入が維持されないと、後年になって施設の運営が困難になる場合が多い。
(2)経営のリスク要因
また、卸・仲卸業者から支払われる利用手数料は、これら業者の大半が豊洲に移転するという意思決定があって初めて収入として計上できるもので、その前提が、食の安全・安心が確保されない、あるいは水産品の扱い額の趨勢的減少等の理由で万が一にも崩れた場合には、市場経営が厳しくなることは想像に難くなく、その経営リスクを見ておかざるを得ない。

2. 業者の経営負担の増加
仲卸業者の方々が築地から豊洲に移転する場合の経営負担の増加については、各事業者の規模・収益性によって経営負担感は異なるが、施設使用料・空調費・濾過海水使用料・ごみ処理料・警備料金で、増加することとなっている。経営負担の増加により、中には豊洲市場への移転を躊躇したり、撤退する事業者も一部出てくる可能性がある。ただ、その場合には、市場に魅力があれば、公募により新たな事業者が参入することも考えられる。

3. 豊洲市場に求められる民間的経営手法
豊洲市場は、過去にPFI(Private Finance Initiative)導入を検討したことがあるが、これに関する資料は要求したが、情報開示されていない。当時の検討で、VFM(Value for Money)が出なかった可能性がある。豊洲市場は既に建設が完成した施設であるので、仮にこれを活かすならば、維持管理コストを削減するために、指定管理者制度を導入することが必要である。また、空港・水道事業経営に活用されつつある、「コンセッション」の手法を検討しておくことも有益であろう。

カテゴリー: 世界日本経済, 建設, 投資, 東京, 環境, 経営, | コメントは受け付けていません。

飛行機で読んだ1冊④~日本人とユダヤ人の違いを考える

1月は、東京都との行き来が多く、飛行機の中で仕事をすることもありますが、最近、ラビ・マービン・トケイヤー著の「ユダヤ5000年の教え」を読みました。ユダヤ人は歴史の中で、シェークスピアの「ベニスの商人」として扱われたり、ナチス・ドイツから迫害されたり、民族の受難を受けているイメージがありますが、私がアメリカの大学院で友人だったユダヤ人は、理論的で調査好きというイメージがありました。実際に、シカゴ・ハーバード・プリンストンを含め名門校の教授や金融界・政界・医学界に多くのユダヤ人が活躍しています。26歳の時、ビジネススクールで、チームによる「ビジネスゲーム」(経営戦略を学ぶために、コンピュータソフトを使って事業をチームの戦略に沿って進展させていき、最終的な収益を競うゲーム)で、日本人チームとユダヤ人チームと南米人チームなどが競ったことがありました。南米人は決断が早く、ユダヤ人は理論的で経営環境調査を可能な限り行うが結論を出すまでに時間がかかり、日本人はユダヤ人同様理論的ですがグローバルな環境認識に弱く最後は感性で結論を出すという特徴がありました。これは優劣の問題ではなく、民族の性格の問題かも知れません。ユダヤ人の友達に聞くと、子供の時から毎週土曜日に家族でユダヤ経典の解釈を巡って議論をしているそうです。そして、今回、この本を読んで、謎の大半が解けました。ユダヤ人も日本人と似て、「知恵と知識の民族」だったのです。両者の違いは、「最後に残るのは教育」という考え方でした。多くの危機に直面して、持って逃げられ、迫害を受けても決して奪われることがないのは土地などの財産ではなく「教育」なのです(この点は中国人華僑と似ています)。旧約聖書をベースとした「教え」が民族に脈々と今も流れていることを、この本は具体的に教えてくれます。

カテゴリー: 世界日本経済, 人生, 医療福祉, 友人, 教育, 科学技術, 経営 | コメントは受け付けていません。

飛行機で読んだ1冊③~山田方谷(ほうこく)の生き方に学ぶ

1月4日は仕事始めでした。多くの方々がご挨拶に来ていただきました。正月に移動中に読んだ本の1冊に「山田方谷~河井継之助が学んだ藩政改革の師」(童門冬二著)があります。私はこの人物の存在を、コメンテーターとして「ひるおび」他テレビ各局に多く出演されている建築エコノミストの森山高志先生(一級建築士)からお聞きするまでは知りませんでした。私のことを「現代の山田方谷」とおっしゃっていただいたことがきっかけでした。調べてみると大変な人物であることがわかりました。山田方谷は森山先生の出身地である岡山県の備中松山藩の出身で、5歳から新見藩の儒学者丸川松穏に学び、藩校の筆頭教授に任命され、29歳京都で陽明学を学び、その後藩政に参加、財政建て直しに貢献しました。方谷の「理財論」(経済論)「擬対策」(政治論)がベースとなり、藩政改革を進めるとともに、備中松山藩第7代藩主・板倉勝静(かつきよ)(白河藩主・松平定永の8男で、幕末の江戸幕府の奏者番・寺社奉行・老中首座を務めた)のアドバイザーとして、難しい幕末を生きました。山田方谷のような偉人の域にはとても達することはできないと思いますが、この本に詳細に書かれている「財政を改善し、殖産興業で負債をなくし余財をなし、軍政改革にも取り組む」ということは、160年の時を超えて、拙著「こうすれば地域再生できる」(2007年)と論理面・政策展開面で相通ずるところがあると感じました。

カテゴリー: 世界日本経済, 人生, 友人, 教育, 経営, 街作り | コメントは受け付けていません。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 117