壱岐市観光振興計画策定委員会(第2回)に出席~決め手はインバウンド・有人国境離島法・ICT活用

1月30日午後、壱岐市観光振興計画(第3期)策定委員会第2回会議に、委員長として出席させていただきました。壱岐市も、団体・個人(FIT)問わず、外国人観光客が多く来訪していますが、ほかの地域と同様、その観光行動等実態が把握されていないことが分かりました。議論は、インバウンド、有人国境離島法の活用(滞在型観光の推進、雇用機会の拡充)、ICT活用(特にインバウンド客対応)に集中し、有意義な会議になりました。私の冒頭の委員長挨拶を参考までに以下に記載させていただきます。

○第2回壱岐市観光振興計画策定委員会にあたり、一言ご挨拶させていただきます。壱岐市は、農業・水産業など古来恵まれた地域として発展してきました。ただ、近年人口減少・高齢化が進み、農業・水産業とも、「担い手」が減少傾向にあります。農業は焼酎・畜産、水産業は加工品・養殖へと付加価値化を図ることにより、新たな発展期を迎えていますが、これらの地域資源を生かして新たな離島発展の原動力とするため、「観光業」を振興することが不可欠です。これは「サービス経済化」の大きな流れであり、国は観光に関する戦略と支援措置を示しています。

○日本や世界の人の流れが変化しており、アジアから世界への旅行者が急増しています。また、ICTが発達し、スマホで簡単に旅行情報や航空機・船舶・宿泊の予約ができるようになっています。旅行会社の意味も変わらざるを得なくなってきています。壱岐市には、弥生時代・古墳時代から培ってきた豊かな農業・水産業や、日本遺産に代表されるような歴史文化遺産が豊富にあります。観光のグローバル化・ICTの発達を、これらの資源とどう結びつけるかが、壱岐市の観光の発展にとってキーとなります。

○新時代にふさわしい観光推進組織の変革も併せて必要になります。壱岐市観光連盟は、ワンストップ化を図り、修学旅行生の獲得や体験型観光等で大きな実績を上げてきました。これに加え、グローバル化やICT化をどう取り込んでいくかが問われています。国は、DMO(Destination Management Organization)による観光立国戦略を進め、優先的に地方創生のお金を配布することを明確に示しておられます。佐世保市・小値賀町の地域連携DMO、長崎市と島原市のDMOが県内では立ち上がり、戦略の策定と実行を図ろうとしています。離島はさらに「有人国境離島法」も制定されており、戦略と事業者と実行力があれば、新たな投資も可能となっています。

○1/26に、長崎市観光ビジネスコンテスト(私のシンクながさきと長崎国際コンベンション協会の共同開催)の最終審査会が行われ、私が審査委員長を務めさせていただきました。全国から多くの応募があり、第一次審査でビジネス化部門10件、学生部門5件を絞り込み、ビジネス化部門のグランプリに、神奈川県から応募した、TRIPLUSの秋山さんが選ばれました。内容は、「長崎在住のアクテイブシニアが内外の旅行者に長崎体験を提供するwebマッチングプラットフォーム提供」でした。高齢化が進む長崎市において、「お元気なシニア」が、日本人・外人問わず踊りや料理や釣りなどの体験を提供するというものです。これは、壱岐市でも成功するサービスだと思います。一部はすでNPOや任意団体で壱岐市では行っています。新規性は、WEBを使うという点です。

○観光は新しい時代を迎えています。皆さんに検討していただいている「第3期壱岐市観光振興計画」が、今後10年間にわたる壱岐市の発展をリードすることは確実です。委員の皆さんの活発なご議論、前向きなご意見をお願いいたします(画像は郷ノ浦港にて。寒い)。

画像DSC_0525

カテゴリー: エンターテイメント, 世界日本経済, 投資, 福岡, 経営, 観光, 長崎, | コメントは受け付けていません。

第一回長崎市観光ビジネスコンテスト最終審査会を開催~グランプリはTRIPLUSの秋山氏(神奈川)

1月26日午後、昨年12月から実施してきた「第一回長崎市観光ビジネスコンテスト」最終審査会が開催され、1次審査を通過した、ビジネス化部門10件、学生部門5件のプレゼンが行われました。ビジネス化部門のグランプリは、外国人旅行客に対し、長崎在住のアクテイブシニアが長崎体験を提供するWEBマッチングプラットフォームを運営する「TRIPLUS」の秋山智洋氏。学生部門のグランプリは、「ARスマートフォンゲームアプリ×長崎の観光情報発信による観光収入の拡大」を提案した長崎大学経済学部multimedia研究会の久保駿と斗氏でした。提案15件はいずれも優れた提案で、応募していただいたすべての方々に感謝いたします。学生部門には、ほかにも、長崎西高校の田川晶悠氏の「長崎(松枝ふ頭)イルミネーション」(クルーズ船客を含め、長崎のふ頭を楽しんでもらうためのイルミネーション・販売企画)や、長崎総合科学大学工学部の小川未紗氏の「休み石」(長崎特有の石で、坂の途中などに置かれた、休むための石を活用した販促等の提案)もあり、審査員の話題を呼んでいました。審査委員長として、長崎の若者の底力を強く感じた審査会でした。長崎の観光を進化(深化)させるこれらの提案を今後実現していくことが必要となります。(画像は、グランプリを受賞した秋山氏。長崎県美術館にて。)

画像DSC_0461

カテゴリー: エンターテイメント, 教育, 経営, 街作り, 観光, 長崎, | コメントは受け付けていません。

NBCあさかラ経済コラム「明治維新150年と産業革命が語り掛けるもの」

1月26日のNBCラジオ・あさかラ経済コラムで、明治維新150年と、世界遺産「明治日本の産業革命遺産」について、次の通りお話させていただきました(要約)。

今年2018年は、明治維新から150年を迎え、いろいろな取り組みが各地で行われています。政府は、「明治150年」事業を展開しています。これは、明治以降の歩みを次世代に遺し、明治の精神に学び、さらに日本が飛躍する国を目指すことを目的として行われるものです。

長崎も幕末から明治にかけて、岩崎弥太郎・坂本龍馬・勝海舟など、日本の変革をリードしてきた人材が集まる場でした。世界遺産「明治日本の産業革命遺産」は、長崎が日本の産業革命を牽引してきたことを示す貴重な資産です。そこで、明治150年にちなんで、ながさき地域政策研究所・長崎国際コンベンション協会・長崎近代化遺産研究会の共催で、2月12日午後1時半から長崎歴史文化博物館で「長崎産業革命遺産シンポジウム」を開催させていただきます。長崎市世界遺産推進室長から、昨年12月に内閣府に提出した「明治日本の産業革命遺産・構成資産の修復・公開活用計画」を解説していただき、この分野の第一人者、長崎大学岡林名誉教授から、産業革命遺産が我が国の資本主義の発展に果たした役割を振り返りつつ、世界遺産の保存と活用について基本的な考え方を説明していただきます。

また、具体的な活用を行っておられる、グラバー園の指定管理者を代表して、株式会社メモリードの吉田社長から、グラバー園の管理や活用について、現在行っていることや「想い」を語っていただきます。

世界遺産の適正な保存には多額の費用がかかり、その経費の一部を賄うためにも、活用を推進していくことが必要になります。「活用」には、マーケテイングや金融の知識が必要で、観光客向けの物販・サービス事業だけでなく、市民や修学旅行生向けの「社会教育」の場として活用することも含まれます。これにより、「次世代への継承」を円滑に進めることができると思います。(画像は、長崎近代化遺産研究会宮川会長と宮川事務所にて。)

画像IMG_20171121_175154

カテゴリー: エンターテイメント, 世界日本経済, 投資, 教育, 科学技術, 経営, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

佐世保競輪経営改善委員会に出席~佐世保競輪の経営が安定的拡大

1月23日午後、平成29年度佐世保競輪経営改善委員会が開催され、委員長として出席させていただきました。経営改善施策が奏功し、経営が安定的拡大を続けており、一部計数は佐世保市のホームページに公開されています。一方、この通常国会にIR(特定複合観光施設)法案が上程される可能性もあり、長崎県と佐世保市でIR基本構想を策定中です。ハウステンボスや佐世保港への国際観光船の寄港も含め、多面的なインバウンド観光推進と競輪等が結びつくことに期待したいと思います。(画像は佐世保競輪場)

画像DSC_0389

カテゴリー: エンターテイメント, 世界日本経済, 建設, 未分類, 経営, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

有識者研究会で講演~「長崎経済の将来を切り開くために、今何をすべきか」

1月18日夕方、有識者の研究会で、私が「長崎経済の将来を切り開くために、今何をすべきか」と題して約45分間講演させていただきました。内容は、①世界経済・日本経済の現状と見通し、②長崎経済の現状と見通し、③長崎県の産業構造と今後の戦略の在り方、④長崎の街づくり(都市再生)と新しい観光、⑤東京都豊洲・築地問題が投げかけたもの、でした。産業構造の変革については、A.製造業強化(地場産業における造船関連技術の転用・企業誘致等)、B.観光業の高付加価値化(DMO観光推進機構、高所得者層及び外国人向けマーケテイング、コンベンション、IR統合型リゾート等)、C.医療・介護福祉の産業化(CCRC生涯活躍の街づくり、医療福祉関連製造業、画像診断等)D.新しい地場産業の形成(AI人工知能、ロボット、IoT、航空関連産業等)を具体的に説明させていただきました。東京都豊洲・築地問題については、A.市場移転・再開発のシナリオ、B.東京都が得たもの、C.国の卸売市場法改正と東京都の市場の在り方等について触れました。新春にふさわしい、明るい将来を描く講演となったと思います。(画像は1月14日JAL機内から見た早朝の富士山。)

画像DSC_0248

カテゴリー: 世界日本経済, 医療福祉, 科学技術, 経営, 街作り, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

長崎市「まちづくりフォーラム~交流拠点施設の活かし方」でコーデイネータを務めました

1月14日朝7時50分の便で東京から長崎に移動し、午後の長崎市主催のシンポジウム「まちづくりフォーラム~交流拠点施設の活かし方」で、コーデイネータを務めさせていただきました。これは、長崎駅に隣接して設置する交流拠点施設(MICE機能を中核とした複合施設)の整備・運営について、2018年11月に今後優先的に交渉を進めていく企業グループをこの度決定したことに伴い、有識者の意見交換や市民の皆さんへの説明のために実施したものです。パネルデイスカッションが85分間で、田上市長を含む6人がそれぞれの立場から交流拠点に対する思いや知見を語っていただき、忙しくも大変有意義な場となりました。シンポジウムの最後を次のように締めくくりました。

「本日は、沢山の皆様にご出席いただき、大変有意義なフォーラムになりました。パネリストの皆さんのご発言に共通していたことは、長崎が今後発展していくためには、交流人口を増やすこと、観光消費額を高めて経済を拡大することであり、そのためには、官民挙げてMICEを推進することであったと思います。 長崎市では、現在、交流拠点施設の整備を検討中でありますが、建設等ハード面だけでなく、コンベンション誘致やアフターコンベンションなどのソフト面についても、しっかりと連携しながら、また、市民の皆さん、民間企業の皆さんに参加していただくことが重要でありますので、皆様のなお一層のお力添えをいただきたいと思います。」(画像は、西日本新聞1/15朝刊記事。壇上、向かって一番左が私。) 

画像DSC_0273

カテゴリー: エンターテイメント, 世界日本経済, 建設, 教育, 経営, 街作り, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

2018年新年に思う③~「日本人が忘れてきたものを外国人が求める」謎

正月に大阪の道頓堀や戎橋筋(えびすばしすじ)を歩くと、外国人が溢れていました。日本人がゆっくり正月気分を味わいたければ、彼らがホテル・旅館やゲストハウスから出てくる10時以前に街歩きをすることです。東京だと築地市場、大阪だと黒門市場に外国人で身動きが取れなくなるくらい人が溢れています。市場に来る日本人が減少する一方、外国人が急増しています。同じことは、魚食文化にも表れています。日本人の水産品消費額が減少する中で、世界の水産品消費額が増えており、魚価が上がってきています。これは、健康的な日本食ブームとも関係していると思いますが、中国人が生魚を食べ始めた10年前くらいから顕著になってきています。私がアドバイザーを務めさせていただいている「西日本地区大中型まき網経営者研究会」でも、魚の「輸出」が日本の水産業の発展の起爆剤となる可能性があることを提案しています。この報告書は組合から近く公表される予定です。また、外国人観光客の関心はすでに「物販」から「サービス」消費へと移っており、「体験」がキーワードとなっており、様々な相談を私自身も受けています。2018年は「日本人が忘れてきたものを外国人が求める」謎を理解すれば、新たな成長の軌跡を描けると思います。長崎県にもまだまだ資源が眠っており、掘り起こし商品化する「知恵」の実行が求められています。(画像は、大阪法善寺横丁。)

画像DSC_0014

カテゴリー: エンターテイメント, 世界日本経済, 健康, 東京, 観光, 長崎, | コメントは受け付けていません。

2018年新年に思う②~大阪市立美術館と遠藤克彦氏と新上五島マルゲリータ

正月に大阪市立美術館を訪問したことをお話させていただきましたが、大阪新美術館(2021年竣工予定)の設計が㈱遠藤克彦建築事務所であることを、ながさき地域政策研究所の鶴田貴明調査研究課長から聞いて知りました。毎年、遠藤克彦氏からは年賀状をいただいています。今年の年賀状の裏面に、大阪新美術館の完成予定図が描かれていました(画像)。実は、遠藤氏との出会いは、長崎県新上五島町新魚の目の国民宿舎建て替え問題とリゾートホテル「マルゲリータ」への衣替えがきっかけでした。当時の井上町長からの依頼で、国民宿舎建て替えを検討していたのですが、地元の反対で、進めることが困難な状況にありました。そこで、発想を180度転換し、離島観光のハンディを逆手に取り、顧客層を従来と全く変えて仕舞う(世界から富裕層を呼び込める施設にする)という「需要創造」を行うことにしたのです。この際に、設計・運営一体となった全国公募を行い、選定されたのが、遠藤氏(当時43歳)の設計によるリゾートホテルだったのです。今にして思えば、井上町長も私も思い切った決断をしたものだと思います。2014年2月21日に、江上町長からの講演の依頼で新上五島町を訪問した際に、「マルゲリータ」を訪問し、以下のブログを書いています。国民宿舎から高級リゾートホテルへ。人生にとって出会いは突然やってきます。

(2014.2.23私のブログ)私は国民宿舎の建替えの企画をお手伝いさせて頂き、井上前町長と一緒に町議会の全員協議会で企画を説明したこともありましたが、今となっては、「際(きわ)コーポレーション」(東京都目黒区、中島武社長が有名。)の経営努力もあって、上五島の顔となっています。あの時に国民宿舎建替えの決断をしていなかったら、島はどうなっていたかと思うと、ぞっとします。後は、今年ユネスコ世界遺産に「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」が申請されるようになったらと思います。

画像DSC_0098

カテゴリー: エンターテイメント, 世界日本経済, 人生, 建設, 投資, 経営, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

2018年新年に思う~隠れた資源を掘り起こして活用することの重要性

2018年の初詣でも、昨年と同様、東京都新宿区の自宅近くの須賀神社に行きました(画像)。朝6時という早朝にも関わらず、若い方が多く初詣に来ていました。最近では、神社へのお参りの仕方を説明した本も出されており、若い方々にも神社は親しみの持てる場所になってきた感があります。加えて、須賀神社の階段やJR信濃町駅前の陸橋は、アニメ「君の名は」の舞台となっているので、外国人の若い世代も多く参拝に来ておられました。元旦から母の住む奈良の家に行き、お盆にお餅等を載せて八方の神々にお祈りし、正月の神様をお迎えしました。若い時から世界の美術館巡りが好きな私は、兵庫県立美術館(岩屋)の「大エルミタージュ美術館展」と、大阪市立美術館(天王寺)の「カザールコレクション展」を鑑賞しました。いずれも比較的すいていました。カザールコレクションは、ドイツ系スイス人実業家UAカザール氏が明治末期から昭和初期にかけて収集した江戸時代以降の螺鈿・蒔絵・根付・印籠等のコレクションで、調度や小物では東京国立博物館や松浦史料博物館にも匹敵する内容だと思いました。カザール氏がアメリカに移送する予定が、日米開戦で移送できず、戦火を免れたという歴史があります。江戸時代の武家の生活(馬術・執務・読書・書道・ピクニック等)がしのばれると同時に、工芸品のレベルが高く、これらが外国人に売られていたことは残念ですが(結果は日本にとどまることになりましたが)、価値の分かる収集家だと思いました。民間に隠れた貴重な資源を掘り起こし、多くの人の目に触れることの重要性を感じた正月でした。

画像IMG_20180101_062751

カテゴリー: エンターテイメント, 人生, 奈良, 教育, 東京 | コメントは受け付けていません。

NBC長崎放送あさかラ経済コラム12/29放送分「2018年長崎経済の見通し」~来年もよろしくお願いします

昨年12月28日、「2017年長崎経済の見通し」として、「輸出産業やインバウンド観光が伸び、良好な経済を実現。造船業界の動きには注視。」と申し上げました。予想通りになったと思います。

2018年は北朝鮮の動向やアメリカ長期金利の上昇、中国経済の成長鈍化など不安定要素もありますが、総じて良好な経済状態が続くと思います。長崎県経済は、個人消費が大きく落ち込んでいないこと、観光も変動は大きいものの堅調に推移していること、企業の設備投資が伸び始めていることから、持続的成長が可能であると予測します。生産面では、機械・重電・電子部品・水産が拡大しており、雇用についても有効求人倍率が改善傾向を続けており、一人当たり名目賃金もプラスに転換しているので、景気は安定的に拡大すると思います。

2018年の長崎経済が行うべき課題は、①観光の高付加価値化により観光客一人当たり単価を上げること、②安定雇用につながる製造業等地場産業の育成と、先進的製造業(ロボット・AI・自動車関連・医療福祉関連等)の誘致、③DMO(観光推進機構)の整備と実行(観光客動向分析等に基づくマーケテイング、ICT情報技術の活用等)、などです。

最後に、2018年の長崎経済を天気予報に例えると、「晴れ。ただし2019年に備えた雨傘の準備を早めに。」となると思います。

拙著「地方創生の成功法則ー地域振興における効果的な人口・観光・物産振興政策のあり方」が2018年1月から、amazon書店で販売となります。地域経済政策の根本原理と地域経営の参考としていただければと思います。来年もよろしくお願いいたします。(画像はシンクながさき執務室にて。英国王立写真家協会会員・三宅善夫氏撮影。長崎くんちの写真集で有名。)

画像IMG_20171226_191927

カテゴリー: 世界日本経済, 医療福祉, 投資, 科学技術, 経営, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 130