熊本地震からの復興を成し遂げたその後(NBCラジオ「おはようラジオ」2017.4.7放送)

長崎県の経済は、着実な回復を続けています。昨年4月14日、熊本地震が起こり、多くの方々が被害に遭われました。熊本地震は、九州全体に大きなマイナスの影響を及ぼしたと考えられます。九州経済調査協会のレポートによれば、①製造業の設備等資本ストック被害額6,400億円、そのために生産額540億円減少、②民間消費は1,900-2,300億円の減少、③九州を訪れる宿泊旅行客による観光消費額360億円減少です。
九州経済は一時的には落ち込んだものの、現在は急速に回復しています。長崎県経済にも、次の影響が出ました。①宿泊旅行者数が、昨年4-6月は前年比30%以上の減少となったが、今は12%程度の減少、②個人消費のうち、乗用車新車登録台数が、昨年5-6月は前年比15%の減少となったが、今は7%程度の増加、③民間設備投資は、昨年4-8月は前年比30%の減少となったが、今は8%程度の減少。
熊本地震からの復興を成し遂げましたが、長い目で見て経済力をつけることが必要です。第一に、観光は重要産業ですが、地震などの災害に弱い傾向にあります。29年度も外国船寄港数の増加や外国人観光客の増加により回復基調は続くと思いますが、円高要因等、楽観は許されません。第二に、個人消費は雇用者所得が昨年12月からプラスに転じており、物価も安定していることから、緩やかな回復を続けると予想します。今のうちに、製造業・観光業のバランスのとれた産業構造を形成することが、「地震に強い長崎県経済」を作ることになると思います。

この記事は、NBCラジオを聞けない地域の方々からのご要望に応えるため、要約をブログに掲載させていただいています。

カテゴリー: 世界日本経済, 建設, 経営, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

築地市場の賑わいと東京の桜の終わり~「外人の溢れ築地の鮪(まぐろ)かな」「神の庭心静かに花の舞う」

4月8日、築地市場に行くと、朝から外国人の集団がうねりのように押し寄せていました。東京の外国人観光客の増加には目を見張るものがあり、その中でも、「日本の食」のメッカ(代名詞)「築地市場」の吸引力・集客力の大きさに改めて驚きました。そこで一句「外人の溢れ築地の鮪(まぐろ)かな」。4/4に東京都総務局から公式に事前告知していただいていた説明会が、4/8の午後から築地市場講堂で開催され、東京都市場問題PTの専門委員として説明会に出席し、市場経営について客観的に説明させていただきました。東京にいるときは、必ず朝自宅近くの新宿区須賀神社にお参りに行きますが、4/9には、境内の桜もほとんど散りかけていました。厳かな気持ちで一句「神の庭心静かに花の舞う」。

カテゴリー: エンターテイメント, 俳句, 建設, 投資, 東京, 経営, 観光, | コメントは受け付けていません。

中津の福澤諭吉旧居に想う~「花初(そ)めし福澤山脈記念館」

4月1日、中津市に行った時の余韻がまだ残っていて、最大の要因は、福澤諭吉旧居(国指定文化財)です。幕末から明治にかけて活躍した人は、「新しい近代的制度を築く」という使命感があったので、また、時代がそれを求めていたので、努力の成果が現れ易かったのではないかという気がしており、それほど、福澤諭吉を取り巻く人材は、豊富で、しかも現在「偉人」と評価されている方が多いです。「三井中興の祖」と言われた中上川彦次郎や、「電力の鬼」と言われた長崎県壱岐出身の松永安左エ門など、福澤が育てた人材は限りありません。そこで一句、「花初(そ)めし福澤山脈記念館」。桜が咲き始めていた中津で、ここで育った福澤諭吉が育てた人材、人脈が山を成して後世に大きな影響を与え、遺産として継承されていることに感動して詠みました(原句に中津市の俳句の大先生に手を入れていただきました)。諭吉が選んだ教育の世界は、「次世代を育てる」という使命感あふれる場だと思います。「人材は人物に集まる」という法則があると思います。http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-admin/media-upload.php?post_id=5957&type=image&TB_iframe=1

カテゴリー: 人生, 俳句, 友人, 教育, 経営, 長崎 | コメントは受け付けていません。

大分県中津市の一日~耶馬渓と中津城の桜「つつじ浮く青の洞門足すくむ」

4月1日、大分県中津市に行きました。日田市から耶馬渓に入り、青の洞門を見学(画像)。山あいでまだ寒く、禅海和尚が掘ったとされる大岩の周りに山桜の白い花とつつじの紫が対照的でした。「つつじ浮く青の洞門足すくむ」それから中津市に入り、奥平家の居城であった中津城の桜がちらほら咲いていました。奥平家第11代昌高は、日本の蘭学の発展に貢献したことでも知られています。「中津城花見の宴の早々と」中津市から山国町に清流の川沿いを移動する際に、谷合の麦畑で麦がきれいに生えそろっていて鮮やかに光っていました。「麦青む坊主頭の畑かな」中津で最も印象的だったのは、福澤諭吉旧居と福澤記念館でした。福澤諭吉は決して裕福な家庭に育ったのではないが、中津藩士から旗本になり、政治ではなく教育に注力し、慶應大学はもちろん、専修大学・一橋大学・北里研究所の創設にも尽力した近代教育の祖であると思いました。その起爆剤となったのが、三度にわたる洋行で、科学技術だけでなく外国の政治経済の実態を見て、オランダ語から英語への転換を図ったことが、その後の日本の外国語教育に大きな影響を与えたのではないかと感じました。

http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-admin/media-upload.php?post_id=5953&type=image&TB_iframe=1

カテゴリー: エンターテイメント, 俳句, 友人, 教育, 街作り, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

長崎県立大学編集の本の書評~「創る×まち 育てる×ひとー地域創造と大学」

3月31日、東京の日本離島センターからの依頼で私が書評(画像)を執筆した「季刊しまNo.249ー島の教育と地域づくりⅢ」を送っていただきました。本とは、長崎県立大学編集委員会編「創る×まち 育てる×ひとー地域創造と大学」です。書評の中で、「大学ならではの学術的・教育的な観点から新規性」を三点指摘させていただきました。第一に「しまに学ぶ、しまと結ぶーCOC(Center of Community)での学生の学び」、第二に「長崎県農業の生産額の増加」を発見させる教育、第三に「長崎市・佐世保市のこれまでと未来ー産業特性から見た都市構造の変遷」です。また。県内各市町の8事例が紹介されており、その中で、焼き物の里・波佐見町での15年以上にわたる官民の協働が、波佐見焼の再興や企業誘致(キャノン)、温泉の復活、ホテルとレストランの開設に結実したことを取り上げさせていただきました。私も「朝飯(ちょうはん)会」に出席し、地域づくりについて児玉さん・深沢さんたちと議論したころが懐かしく思い出されます。地元の方々が意識を持ち続け行動することで、地域は大きく発展します。書評の最後を次の言葉で締めくくっています。「大学の使命ー研究と教育を、次世代育成に活かす地域創造に期待したい。」

http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-admin/media-upload.php?post_id=5946&type=image&TB_iframe=1

カテゴリー: エンターテイメント, 世界日本経済, 友人, 教育, 経営, 街作り, 観光, 長崎, | コメントは受け付けていません。

飛行機で読んだ一冊⑨「金子兜太の俳句入門」~上野の桜は一分咲き

3月29日長崎から羽田に向かう早朝便で読んだのが、金子兜太「俳句入門」でした。1919年生まれで元日銀マンの著名な俳人ですが(1958年長崎支店に勤務しています)、作句の基本を学習するには、最高の本だと思います。韻文と散文の違い、切れ字・二物衝撃・短さと強さなど、実際に使える内容です。このブログ登場いただいている大分県中津市の私の俳句の大先生から勧められていましたが、やっとゆっくり読むことができました。3/29の夕暮れ時、上野の東天紅で食事をするために、上野の池の周りを通り過ぎているときに、まだ一分咲きくらいの桜を発見しました。最初に作ったのが「花つぼみ夕闇迫る上野池」でしたが、単なる説明かと思い、「ビル影に夕闇迫る花つぼみ」に変えて、大先生に送ったところ、「花固しビルの高さに闇が来る」と変えて送っていただきました。今年のような気候を「春寒」ということや、夕闇が迫れば当然に影ができるから「ビル影」が説明になっていることなど、コメントをいただきました。また、最初の句は「三句切れ」になってるので、「花は蕾夕闇迫る上野池」に修正していただきました。助詞「は」の一文字が入るだけで意味や趣が大きく異なります。僕は、散文の世界に育って、「長崎の池上彰」を目指していますが(笑)、韻文である俳句って本当に難しいですね(画像は、長崎の八坂神社の桜2013.3.30撮影)。http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-admin/media-upload.php?post_id=5941&type=image&TB_iframe=1

カテゴリー: エンターテイメント, 俳句, 友人, 教育, 東京, 長崎 | コメントは受け付けていません。

東京都庁市場問題プロジェクトチーム会議第7回会議に出席~豊洲市場における液状化対策について

3月29日午後2時から4時半まで、東京都庁市場問題プロジェクトチーム会議第7回会議が、マスコミ公開の下で開催され、専門委員として出席させていただきました。今回のテーマは「豊洲市場における液状化対策について」でした。私の方からは、「豊洲市場の敷地内について、液状化対策が行われているが、首都直下型地震が起こった場合に、市場機能を守るための周辺地域からのアクセスを含めた地震対策・事業継続計画(BCP=Business Continuing Plan)をどこまで検討しているのかを質問させていただきました。その後、小島座長から、「市場問題PTのとりまとめに向けた課題と今後の検討スケジュールについて」が説明され、その中で、築地市場改修案が座長私案として説明されました。改修工事のみで500億円、衛生管理・コールドチェーン等にグレードアップを含めた場合800億円の工事費用が検討案として示され、豊洲移転案と併せて両方の案を今後検討することになります(画像は、日経新聞3/30朝刊社会面記事)。http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-admin/media-upload.php?post_id=5937&type=image&TB_iframe=1

カテゴリー: 建設, 投資, 東京, 環境, 科学技術, 経営 | コメントは受け付けていません。

英語教育を考える~長崎県だからこそ理想の英語教育ができるという話をさせていただきました

最近、高校教育に関する委員会で、英語教育についてお話する機会があり、恥ずかしながら私の高校での英語教育体験・留学時代の体験をお話させていただきました。私は奈良市の公立中学を卒業後、大阪教育大学付属高校に入学しました。幼稚園から高校まで一貫教育が行われている高校(実験校)で、高校から入ると、英語のレベルが全く異なり、ショックを受けたのです。それは、入学試験で求められる読み書きの能力ではなく、ヒアリングや話す能力でした。中学・高校一貫教育をするメリットは、特に数学と英語に現れます。私は、数学は大好きで得意でしたが、英語は大の苦手でした。生徒数が少ない高校では、英語の特別教育を行い、全国から生徒に来てもらうことが可能です。もう一つはアメリカに留学した時の経験です。学校教育や普段の生活など「英語を使わざるを得ない環境」に追い込まれれば、3か月もたてば、聞き取り・会話などはすぐにできるようになります。「英語で考える」(英語で論理を組み立て、表現できる)ことができ、日本語で考えて英語に翻訳しなくてもよくなります。生徒数が少ない高校では、合宿などを通じて、英語しか使えない環境を作ることが可能です。私は、プログラムの作り方次第では、長崎県の離島・過疎地の高校で、質の高い英語教育を実現できると考えています(画像は25歳でシカゴに留学していた時のもの)。http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-admin/media-upload.php?post_id=5930&type=image&TB_iframe=1

カテゴリー: 世界日本経済, 人生, 教育, 長崎 | コメントは受け付けていません。

KTNリポート「番組審議会便り」に出演~骨肉腫の高校生を扱った「笑って進むよ」ほか重いテーマの3番組の審議結果を報告

3月26日早朝、3/23に収録したKTNテレビ長崎「番組審議会便り」が放映されました。今回は、「変わる長崎の街のカタチ」「小説『沈黙』の旅~遠藤周作と長崎~」「笑って進むよ」の3番組で、いずれも重いテーマです。地方の民放がここまで重いテーマを扱うのは珍しいと思います。最後に司会者から「最近のテレビをご覧になられて感じることやご要望がありましたら一言お願いします。」と聞かれて、今回の審議番組の一つ、がん患者の高校生「夢華さん」の明るい姿を描いた「笑って進むよ」に触れて、次の言葉で締めくくりました。

今回の「笑って進むよ」のような番組は、がんなどの病気を克服しようとする人に勇気を与えると思います。どんな人でも、がんにならないとは言い切れない。そんな場合に、明るい「心の持ち方」がその人自身を救うことになりますが、同時に、周りの人が正しい理解をして、明るく前を向いて歩く人に温かいまなざしを向けて、チャンスを与え、協力することが、結局、助ける人をも救うことになります。そんな「助け合う」社会を作るための番組がほしいと思います。

http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-admin/media-upload.php?post_id=5926&type=image&TB_iframe=1

カテゴリー: 人生, 健康, 医療福祉, 教育, 長崎 | コメントは受け付けていません。

「佐世保・北松の近代化産業革命遺産調査研究」報告書を完成させました~「保存と活用」がテーマ

3月25日、長崎県学術文化研究費補助金対象事業「佐世保・北松の近代化産業革命遺産調査研究」報告書を完成させました。本研究は、長崎近代化遺産研究会の菊森・原田・宮川が中心となって、佐世保・北松の炭坑・鉄道・橋梁を中心とする近代化産業革命遺産を研究したもので、特に鉄道に着目し、旧世知原(せちばる)線・旧臼ノ浦(うすのうら)線・旧柚木(ゆのき)線の3線を中心とし、炭坑開発・石炭積み出し港までの輸送経路・沿線の関連近代化遺産を整理しました。その結果を踏まえて、世知原線・臼ノ浦線沿線の観光開発を提案しています。佐世保市は、日本遺産「鎮守府(ちんじゅふ)」に認定され、本研究は、その構成資産27件の一つ、「松浦鉄道㈱鉄道施設群」に密接に関連しています。佐世保は、長崎と同じ産業革命遺産であっても、明治以降の富国強兵政策に沿った軍港整備により、急速に発展した経緯があります。本研究は、県への提出を経て公表したいと思います(画像は、佐々川にかかっていた旧臼ノ浦線の鉄橋跡)。http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-admin/media-upload.php?post_id=5920&type=image&TB_iframe=1

カテゴリー: エンターテイメント, 建設, 教育, 経営, 観光, 長崎 | コメントは受け付けていません。

1 2 3 4 5 6 7 8 118