NHK長崎ニュースコメント~長崎大丸閉店にあたって

8月1日、NHK長崎のニュース番組「見んと!長崎」の「さよなら大丸長崎店大盛況の最終日に密着」でコメント出演させていただきました。長崎大丸の源流は1854年(安政元年)に岡部徳太郎が創業した「徳島屋」で、1903年の「岡政呉服店」を経て7月31日の閉店まで157年続いたことになります。長崎の商業界をリードしてきたと言っても過言ではありません。閉店の要因としては、①百貨店という業態の限界(全国の百貨店業界と同様、オーバーストア+高コスト体質)、②中心市街地人口の減少、③長崎市の商業販売額自体の減少が挙げられます。より重要なことは、今後の再開と街作りです。閉店はさびしいですが、新たな業態での再出発は明るい話題です。ポイントは、①地域にとって核店舗の重要性は変わらない、②福岡商業圏への消費流出も少しずつ続く惧れがあるので、物販だけでは環境が厳しい、③店舗構成としては、物販+サービス+公共的役割(子育て支援拠点、観光客向け歴史文化発信拠点)、④地域に欠かせない高齢者対応店舗となる道もある、⑤行政からの支援も商業政策だけでは限界があり、定住政策と合わせた政策が必要になる(コンパクトシテイ化)などです。「まちなか」に必要な核店舗として再出発していただきたいと思います。

カテゴリー: 長崎 | コメントは受け付けていません。

描いた夢は必ず実現する

私は人生は短いものだと考え、若い時から夢を描いて着実に実現してきました。若い時は、国内外のさまざまな偉人の伝記を読んだり、経営者のノンフィクションを読んだりしましたが、実際に人、特に「人生の師」に会うことが最も大切です。旧三井銀行に入行した直後、23歳の時に大きな志を抱いて松下幸之助氏が開設する「松下政経塾」の第一期生に応募し、論文試験・面接試験・プレゼン試験に通りましたが、会社との折り合いが付かず、入塾しませんでした。当時はまだ終身雇用制神話が健在で、若かった私は安定の方を取ったのです。最終面接で松下幸之助氏に会った際、喉に拡声器を付けておられ、ご病気だったのだと思いましたが、多くの人に影響を及ぼす企業経営・国家経営について一対一でお聞きし、感動を覚えました。最後に、「世にエリートと言われる人間ほどもろいものはない」とおっしゃったのを今も思い出します。「人生の一大事は5分で決まる」というセリフが映画「ウオール街」にありますが(この映画は若い人には必ず見てもらいたいほど人生の知恵が詰まっています)、この時の松下幸之助氏との出会いがその後の私の人生を大きく左右します。この時から、「多くの人を救う仕事、多くの人に影響を与える仕事をしたい」と思うようになります。でも若い時は、組織の歯車という面もあり、自己表現がなかなかできませんでした。しかしながら、世の中は捨てたものではなく、着実に実績を上げている私を経営者(社長=頭取、役員)や他部署の先輩がみてくれていて、多くのチャンスをいただきました。そして「仕事が人を伸ばす、ポストが人を伸ばす」ことを身を以て体験しました。私は、40歳になったとき、企業人として成功することが重要だけれども、「好きなことで自分を伸ばしたい」とも思うようになりました。金融・経営の本を執筆・出版したり、社内外で講演したり、中小企業診断士の資格を取り、論文を発表したり、土日を中心に少しずつ活動をしていきました。銀行が合併を繰り返す中で、自分の能力を磨き、力をつけておきたいという気持ちがあったのかも知れません。好きなことをやると困難な仕事であっても苦になりません。終身雇用制は崩れつつありました。さくら銀行と住友銀行の合併時に日本総研(住友グループのシンクタンク)に移り、重要なプロジェクトにかかわり自分の活動を大幅にレベルアップすることができました。その後長崎県庁からの招へいを受け、ながさき地域政策研究所に行き、地域政策へと活動分野は変わりましたが、少しでも自分の能力を社会の役に立てたいとの思いで毎日の業務を続けるとともに、新しい目標を設定して夢の実現に向かっています。回り道したり、対象の変化はあるものの、「描いた夢は必ず実現する」という真実を、若い人にも経験してもらいたいと思います。

カテゴリー: 友人 | コメントは受け付けていません。

温室効果ガス削減計画作成の勉強会開催

7月29日、県と長崎県地球温暖化防止活動推進センター(私がセンター長を務める)が、「温室効果ガス削減計画の見直しと新たな削減目標の設定に向けての勉強会」が開催されました。九州電力㈱長崎お客様センターの竹内公人グループ長が「庁舎自体の省エネ講座」、渋谷区都市整備部環境パートナーシップ担当松嶋範行氏が「みんなで使える環境計画を作るために」と題して講演をしていただき、私がコーデイネーターとなって意見交換会を出席いただいた市町の代表の方々とデイスカッションを行いました。今回の勉強会は、市町が温室効果ガス排出削減計画書の作成をどう進めるかの参考としていただくために開催したものです。また、同センターでこのたび作成した「家庭の省エネ・節電ハンドブック2011」も配布いたしました。今夏は九州でも原発の電力供給に不安がある中で、家庭の省エネ・節電は温暖化防止と併せて大きな課題となっています。同センターとしては、このような勉強会や講演会を今後も開催していきたいと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

残香の茶会

私が長崎新聞のコラム「うず潮」に月一回寄稿させていただいて、来月で早くも丁度8年になります。この中で、松浦家当主松浦章氏(現在藤沢在住)との「稀有な経験」は今も心に残っています。以下のコラムは2008年3月に掲載されたものです。
二月下旬の満月の夜、平戸市の禅寺で鎮信流の残香の茶会が開かれ、ご招待いただきました。私は奈良育ちですが茶会は30年以上出席したことがなく作法や正座など不安で一杯でした。正客である日本文化研究家のアレックス・カー氏や亭主の松浦氏に優しく教えていただき、何とか四時間余りの茶会を有意義に過ごすことが出来ました。月明かりを頼りに苔むした石段を上がり門をくぐると、蝋燭の光だけの客室に通されました。枯山水の庭に月光が降り注ぎ、日頃電燈になれた暮らしを営む私には、眩く美しく感じられました。まず江戸時代から変わらぬ山海の伝統料理が四つのお膳で運ばれ、昔の平戸に思いを馳せました。次に茶室に移り濃茶をいただきましたが、驚いたのは、二つの獅子の掛け軸と、花活けの三メートルはあるかと思われた凛とした竹と可憐な一輪の花でした。明らかに侘びさび茶とは異なり、客人を威嚇するような掛け軸と花活けに、かつて交渉や敵状視察の場として使われた「大名茶」の名残を感じました。最後に別の茶室で薄茶をいただきましたがここでも御簾の向こうで茶を立てるため、客人からは見えないという特徴がありました。
茶会の話題の一つが「平戸の再生」で、平戸の交流人口を増やす観光振興の行動を起こすには、地域の人々が我が住む街の魅力を再発見し、リーダーを中心として街作り運動を実際に起こすこと、外部の人の力を借りてでも平戸の魅力を世界に情報発信することが必要であると話しました。街作りのリーダーとこれを支える人材が現れる地域は発展するという客観的事実があります。また、住民の街作りの動きに呼応して、行政がカネや情報の面で支援し、官民協働を進めることも重要です。
異空間にタイムトリップしたような寒い禅寺を出た私達は、あたかも幻の世界から現実に引き戻されたかのように、平戸海上ホテルの森司社長らと平戸瀬戸が望める温泉で身体を温め、リラックスして酒を飲みなおしました。残香の茶会の残香とは、梅の残香というよりも、江戸時代に物産振興などで地域の発展を願った大名の残香ではないかと思いました。

カテゴリー: 長崎 | コメントは受け付けていません。

計画的高台都市の建設

7月27日、私が理事を務める「日本ホスピタリテイ・マネジメント学会」の2011年度全国大会で研究発表するため、予稿集掲載用に原稿「計画的高台都市とホスピタリテイ」を送りました。同大会は8月5日に日本大学生産工学部・実籾キャンパスで開催され、統一論題は「日本の活性化とホスピタリテイ・マネジメント」。今回の論文の予稿は、4月4日に公表し、岩手県知事・宮城県知事にもお送りした「東日本大震災からの復興に向けた長崎からの提案」に手を入れたものです。「災害に強い街作り」の中で、私が都市計画の専門家などと話し合いながら、長崎市・佐世保市の斜面都市のプラス・マイナス両面の経験を活かして、三陸海岸等に新しい防災都市を建設することの必要性と手法の概要をまとめたものです。街作りのコンセプトとして、「高齢者が安心して定住できる街」を設定し、ハード面・ソフト面から「ホスピタリテイあふれる街作り」を目指すにはどうしたらいいかを論じています。この考え方は6月下旬に公表された「復興構想会議の提言」に反映されており、実施するためにはどうすればいいかをさらに提案していく予定です。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

佐世保米軍基地自衛隊護衛艦金剛見学

7月24日、佐世保の米軍基地と海上自衛隊護衛艦「金剛」を見学しました。India Basin,Red Brick Warehouse Group,Fleet Landing,Hirase Peninsula marker,McArthur marker,Guest Spart Memorial,Museum,Harbor View Club garden,Administration Building and Garden,Sasebo Harbor markerの順に見て回り、HVCで昼食をとりました。久々のアメリカ食でおいしかったです。アメリカ南部のケイジュン料理(なまず)があったのには驚きました。米軍内の案内はミリタリープレス経験者で、日本人通訳が着きました。空母エセックスが停泊しており、間近に見ることができました。エセックスは排水量4万トン、全長257m、幅42mの小ぶりの空母です。米軍基地のすぐ近くに海軍病院だった木造建築物が残っており、司馬遼太郎の「坂の上の雲」に出てくる、東郷平八郎がロジェストウエンスキーを見舞った場所です。その後すぐに海上自衛隊護衛艦(イージス艦)「金剛」に乗船して、医務室・理容室・寝室・洗面所・タービン制御室などを見て回りました。イージス艦を見たのは、生まれて初めてだったので感動しました。佐世保は他の基地よりも米軍との関係が良好に維持されていると感じました。

カテゴリー: 観光 | コメントは受け付けていません。

精神障害者社会復帰施設協会定期総会での講演

7月23日、2011年度長崎県精神障害者社会復帰施設協会定期総会が開催され、「今後の社会福祉事業所に求められる経営的視点」と題して講演させていただきました。「経営とは何か」原点を見つめ、「経営のポイント」として、①トップマネジメント機能、②経営基盤の確立=事業体内部の経営環境を整備すること、③経営者のリーダーシップと職員の意識改革、「今後の経営に求められるもの」として、①公共性・理念と使命感、②持続可能性のある自立した経営、③利用者満足度を高める経営(CS=customer satisfaction)、④従業員満足度を高める経営(ES=employee satisfaction)について説明いたしました。私は病院や様々な福祉施設の経営アドバイスをさせていただいていますが、共通しているのは、A.経営を持続させるための収支バランスのとり方、B.「人」の尊厳・「心」を大切にすること、C.人を対象とするサービス業としての人材教育です。県内の精神障害者社会復帰施設の経営者の方々の熱心な態度に責任の重さを感じました。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

福祉施設経営研究のための訪問

7月19日午前、福祉施設経営研究のために、諫早市有喜にある特別養護老人ホーム「天恵荘」盲養護老人ホーム「光明荘」を視察させていただき、医療法人和光会・社会福祉法人寿光会理事長出口喜男氏・亀井道信氏ほかに一時間程度これまでの経営と今後の展望についてお伺いいたしました。また、光明荘では、目が見えない状態の体験をし、田中施設長・池永副施設長に施設をご案内いただきました。出口理事長が市に公営施設の民間委託を提案して運営コストを大幅に引き下げた話は印象的でした。午後は、東長崎のグループホームなぎさ、デイサービス「さざなみ元気センター」を訪問し、山下社長・光武施設長に福祉分野進出のきっかけや施設経営のポイントについてお伺いいたしました。特別養護老人ホームは社会的ニーズが大きいため、政府の政策によっては認可を緩和することが必要ではないかと感じました。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

理容業界での楽しい再開

7月16日、全国理容生活衛生同業組合連合会の菊池信彦事務局長と、ヘアサロン大野グループの大野悦治代表に久々に会いました。大野先生はお父様が理容業に近代的経営を取り入れて日本の理容業をリードする成功されており、大阪のヒルトンに次いで、最近も東京のニューオータニに2店舗同時に出店(カットだけで1万円のお店)するなど、積極的かつ堅実な経営をされています。翌17日はご子息の結婚式だったにも関わらず、遅くまで日本の理容業の将来を語り合いました。今後、日本の理容技術でアラブやヨーロッパの王室までも顧客にする店をロンドンに開業したいとおっしゃっておられました。日本の理容・美容技術は海外でも高く評価されており、十年以上も前にニューヨーク五番街のMOMOTAROさんを訪ねたことがありますが、アメリカの女優や新日鉄の社長なども来られていたのを覚えています。私は世界の同業の中で、日本の理容技術の最大の特徴は、カットやエステの技術だけでなく滑るような肌を作り上げる「シェービング」にあると思っています。菊池事務局長とは長崎県小値賀町の観光大使を務める東洋文化研究家のアレックス・カー氏の話で盛り上がりました。特に小値賀や祖谷渓(徳島県)の古民家再生に興味を持っておられました。二人とも全国理容総研の仕事で長崎に来て、長崎大学医学部の先生にシンクながさきで講演をお願いしたことがあり、浜口町の寿司屋「桜井」で食事をしたことから、すっかり長崎好きになっていただいています。16日はまたの再開を約束して別れました。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

椿による島おこし

7月8日、五島市の中尾郁子市長にお会いした際、資生堂が主力のヘアケアブランド「TSUBAKI」に五島列島の椿油を新たに配合して、髪の保湿効果を高め「艶髪」を作る商品の販売を開始した話題が出ました。7月からのテレビコマーシャルで「五島」とは表示されていないが、五島の風景が採用されています。長崎県の椿油の生産量は年間19klと全国トップクラスですが、椿で有名な地域は大島など他にもあり、全国的にあまり知られていません。これを機に、五島列島を「椿」で情報発信し、世界遺産候補となっている「長崎の教会群」へとつなげていきたいと思います。五島市では、平成21年3月に「つばき」振興計画(「日本一の椿の島づくり計画)を策定し、椿油の生産量を5年間で14klから21klへと1.5倍に増やす計画を打ち出しています。椿油のブランド化により、椿油の販路拡大を図り、雇用創出と耕作放棄地解消を目指しています。椿油は主として、化粧品と高級食用油の二つの用途があり、オリーブと似ています。化粧品だけでなく、高級食用油の分野でも、五島ブランドを作って販売することにより、原料ではなく、加工の付加価値分を地域が得ることができます。地元の加工業を育成し、他の椿産地との競争力のある商品開発を行うことが、今後の方向性として重要です。私は以前、理容・美容業関連企業と親しく、カネボウさんと長崎県の椿・びわを使った化粧品・石鹸の開発を検討したことがあります。その時は、カネボウさんが企業再生をすることになり、実施できませんでした。今回は、資生堂のブランド力・販売力により、五島の椿を全国に売り出すことができた重要な一歩です。このチャンスを活かし、五島列島の食や観光を含めたブランド化を図っていきたいものです。

カテゴリー: 長崎 | コメントは受け付けていません。

1 122 123 124 125 126 127 128 129 130