佐世保市競輪事業経営等検討委員会の報告書を市長に提出しました

3月26日午前、佐世保市役所で「佐世保市競輪事業経営等検討委員会報告書」を委員長である私から、朝長市長に提出させて頂きました。委員からは、一般社団法人長崎県中小企業診断協会加藤先生、長崎総合科学大学田中教授、佐世保商工会議所辻副会頭、㈱親和銀行橋本地域金融室長にご同席頂き、私から骨子の説明、市長のご挨拶に続き、各委員から委員会に出席された感想やアドバイスをして頂きました。委員会・部会併せて7回の会議が開催され、各専門分野からの意見をいただいて集約しましたが、皆さんの共通した感想として、「競輪はゲームの仕組や楽しみ方が複雑で分かりにくい」という声が出されました。現在の顧客層だけでなく、比較的若い層も含め、対象マーケットを広げていくためには、抜本的に経営戦略を見直すことが必要になります。この報告書が、その第一歩になればと思います。(画像は佐世保競輪場のメインスタジアムとバンク。)

 

画像2014021413420000

 

 

カテゴリー: エンターテイメント, 建設, 経営, 長崎   パーマリンク

コメントは受け付けていません。