日本ホスピタリテイマネジメント学会理事会に出席~高輪で北村西望氏の彫刻を発見

2月25日、日本ホスピタリテイマネジメント学会理事会・新年会が東京・高輪の日立金属高輪和彊館で開催され、理事として出席させていただきました。東洋大学佐々木一彰先生ともIR(カジノを含む統合型リゾート)について、ゆっくりお話しさせていただくことができました。また、今回奨励賞を受賞された日本大学生産工学部の水上佑治先生とも、経営管理における統計解析について意見交換させていただきました。三重県桑名市で建設土木測量の生産性向上・省人化技術iConstructionに取り組んでおられるTOTALMASTERS株式会社の玉里芳直社長にもお会いでき、IoT/AI利用による建設業界の革新についてお話をお聞きしました。ふと中庭を見ると、長崎市の「平和祈念像」の作者・北村西望氏のブロンズ像の傑作「創造の人」がおかれてあり、新鮮な驚きと感動を感じました(画像)。P.ドラッカーも言う「創造」こそが新しい社会経済を開くと考えているので、学会や企業経営を考えるにふさわしい場所だと思いました。http://kikumoriatsufumi.com/wordpress/wp-admin/media-upload.php?post_id=5861&type=image&TB_iframe=1

カテゴリー: 世界日本経済, 建設, 教育, 東京, 科学技術, 経営   パーマリンク

コメントは受け付けていません。